上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果はこちら・・・。  TV観戦です。

... 続きを読む
スポンサーサイト
marin1

 ’75年録音 ジャズヴォーカル界の姐御 中本マリさんの3枚目のアルバム。 ギターの渡辺香津美さん、ベースの鈴木勲さんとトリオ・デュオしているアルバムです。 スリー・ブラインド・マイス(TBM)レーベルでの録音ですが、現在廃盤中。 とはいえTBMはソニーさんが版権お持ちなんでしょうが、どんどん出して欲しいもんです。 デビューの「アンフォゲッタブル」なんて売り切れでAmazonで5万円ですと?!。

ライナーノーツです

 彼女のハスキーな声は、クラブの雰囲気的なピアノ・ドラムレスのこの構成が一番好きです。 オケやアップテンポだと「気合入りすぎ」なんですが、このアルバムはジャージーで落ち着きますね。 今も日本中のクラブを回ってらっしゃるし、スクールもやってらっしゃるよう(怖そうな先生(笑))、どんどん活躍して欲しい方です。
 今回は、続くに曲紹介と、廃盤中でもあり「サンプル」を試しに造ってみました。


... 続きを読む
名もなき愚鈍名もなき愚鈍
(2007/11/28)
マス・メディア

商品詳細を見る
 さて、このアルバムもアーティストも知らないのですが、Amazon検索したら偶然出て来て題名に思わず笑っちゃいました。

22
 盈盈さん「任冲」なんてミエミエの偽名以前に、こんな可愛くてはバレバレですな。
21

 さて本題は「任冲」お嬢様が助けてまで嵩山に連れて行った「桃谷六仙」とは何者か?ということです。
 この小説では、左冷禅や岳不群など「いかにも正統な悪辣政治家」達の姿が眼を引き、東方不敗など「権力の為人間性まで捨てる」哀しい姿、任我行の「権力への執念」と「権力者になった途端の腐敗」など、多種多様な「政治的人間」の姿が描かれます。
 嵩山会議で「桃谷六仙」もある重要な役割を担っており、盈盈の恐ろしさをじわりと感じさせる処でもあります。

... 続きを読む
 結果はこちらから・・・。   TV観戦でした。

 大宮にとってみれば、まずは鹿島にペースを握られても決定力がなくいずれ疲れるだろうから、後半の後半に個人能力のある選手を入れて「勝負」というゲームプランの通りだったろうし、終盤の雨あられのシュートが一本でも枠に行っていたらと考えれば勝ち点を失ったと思うだろう。 鹿島にしてみれば後半半ばまでに追加点のチャンスを決めていれば楽になったといえるが、倍以上のシュートを打たれ疲労で全く足が止まったラスト15分をみれば引き分けを拾ったのだろう。

... 続きを読む
秘曲 笑傲江湖〈第6巻〉妖人東方不敗秘曲 笑傲江湖〈第6巻〉妖人東方不敗
(1998/09)
岡崎 由美、金 庸 他

商品詳細を見る

  ドラマの今回の主役はやはりこの方ですね。 この表情なんて最高です。 やはり、武林史上最強です(笑)。 尚、お読みいただく際はお急ぎでも赤文字の「リンク」を開いてみてください。
13
 

... 続きを読む
BSエンターテインメント 歌伝説 河島英五の世界 チャンネル:BS2 放送日:4月26日(土) 放送時間:午後8:00~午後9:30(90分)
... 続きを読む
 令狐掌門と方証大師・冲虚道人が「葵花宝典」「辟邪剣譜」の謂れなどを会談していた楼閣のモデルは、実際に「恒山」にある「懸空寺」ですね。
xuankongsi002


... 続きを読む
 TV観戦なので要点だけ。
... 続きを読む
John Lennon が殺されて暫くして、このブライアン・フェリーのカバーを聴かされて、John Lennonって「ふつうのひと」だったんだと妙に感動した記憶があり、以来しばしば聴きます。 とはいってもこの組み合わせですから時と場合によっては「キツイ」ものであります・・・。

... 続きを読む
つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー)つきあい方の科学―バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー)
(1998/05)
R. アクセルロッド

商品詳細を見る
 今週のドラマでは「盈盈」さんと「儀琳」ちゃんが「左冷禅・嵩山派」に襲撃されて「あわや」でした。 あの竹林のシーンは、中華武侠映画の定番ですね。 このキン・フーの名作「侠女(A Touch of Zen)」このシーン(Youtube)が元祖で、沢山ありますがミッシェル・ヨーの「新流星胡蝶剣」このシーン(Youtube)は、左冷禅が真似してます。 不戒和尚と不可不戒の田伯光に助けられますが、田兄は嵩山派の矢から儀琳ちゃんを守って死んでしまいました。 じゃあ最後華山でどうやって岳不群に監禁された恒山派を見つけるのでしょう?(笑)

 さて、今回は、以前、令狐冲が、盈盈・儀琳・霊珊との恋愛劇の中で「伝統的な義」を越えた「義」の模索・再発見をしていく、と書きましたが、まずはこの三人がどういう存在かです。 これには、上記の本の主題である「ゲーム理論」における「囚人のジレンマ」とその生き残り最適戦略が関係してきます。

... 続きを読む
 これ「コメディ」の「ホームドラマ」を「目晦ます」のに「黄金」や「武侠」や「お色気」シーンを入れたんですよね。 はっきり言って「今の中国を嘲笑してるとしか見えない」んですが如何なものでしょう? そこまで狙ったならまあ許せるが、そうは見えないな。

... 続きを読む
試合結果はこちらから
 似たもの同士、力の均衡した雨中戦・・・。 横浜FM戦といい、良い試合はいつも雨、よってタッチライン際でなく3階席から全体が視えます。
 最後まで中盤の支配権奪い合い、サイドのせめぎあいでハイレベルの拮抗した試合でした。

... 続きを読む
北京歴史散歩―中国史の表舞台を見てまわる (旅名人ブックス 100)北京歴史散歩―中国史の表舞台を見てまわる (旅名人ブックス 100)
(2008/03)
和田 哲郎、荻野 純一 他

商品詳細を見る
 宜和堂さんのHPでご紹介された本を取り寄せました。
 普通のガイドブックには載っていない「史跡・文化財」が適度な量で書かれています。

... 続きを読む
Barbra Streisand\'s Greatest Hits, Vol. 2Barbra Streisand\'s Greatest Hits, Vol. 2
(1990/10/25)
Barbra Streisand

商品詳細を見る
 兎に角「上手い」です。 たまに「鼻」につきますが・・・(笑)。 このアルバムは’70年代のヒットメドレーです。

One Voice / Barbra StreisandOne Voice / Barbra Streisand
(1990/10/25)
Barbra Streisand

商品詳細を見る
 このアルバムのDVDです
 ’86年のライヴです。 珠玉の名曲ばかり・・・。 これが一番のおすすめ・・・
 二枚ともAMAZONでサンプルが聴けます。

 続いてには、数々の名場面集をはります。

... 続きを読む
宦官―側近政治の構造 (中公文庫BIBLIO)宦官―側近政治の構造 (中公文庫BIBLIO)
(2003/03)
三田村 泰助

商品詳細を見る
 ドラマでは、岳掌門とうとうヤッチャイましたね。 あれですよあれ(笑) 「一剣で去勢す!」
 この本は中国史に関する名著です。 笑傲江湖を読んだ人は必読です(笑)。

 まず、「自宮の方法」。 清朝末期の資料から引用されています。

... 続きを読む
プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ ファイナルパーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ ファイナルパーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)
(2006/05/17)
テッツ・インターナショナル、ファミ通 他

商品詳細を見る
 先日は、原稿が途中で消えてしまい余り時間が無いので(4-2-3ー1)で名前を並べただけでしたが、金庸先生に倣って「改訂版」です(笑)。

... 続きを読む
続・新発想 中国語の発音 -言葉遊び・漢詩編-続・新発想 中国語の発音 -言葉遊び・漢詩編-
(2006/12/15)
劉 徳聯、劉 岩 他

商品詳細を見る
 金庸の小説では、小説の題名から登場人物、武功名、科白など「本歌取り」というか、古典や先達の作品、経典や格言にとったものが山のようにあります。 「間テキスト性」というらしいですが、特に中国語は「発音」と「漢字」の両方から、また膨大な「ブンガク」の蓄積により、高尚なものから駄洒落っぽいものまで「言葉遊び」の宝庫ですね。 「音」と「形」の連想に加え、元の字句の意味やその作者、情景、歴史的背景まで想像は及び、「書かれたこと」以上に「笑い」「皮肉」「説得力」をもってくるのですが、私は残念ながらその知識が無いので、多分面白さの半分は味わえていないのです。

... 続きを読む
 結果はこちらから・・・。 浦和はCK「0」ですか。
 近来で最も素晴らしく美しい内容で鹿島は負けた。 Greatなゲームだった。 恥じることは無い。 しかし悔しがるべきだ。 さあ、次の試合だ。 
 
追: ゴール裏で誰かが馬鹿な「人文字」をやったらしいが、あれだけ必死で闘っている選手やファンや他すべてのサッカーへの「冒涜」以外なにものでもない。 あの言葉をそのまま最大限の「軽蔑」を込めて、仕掛けた人間と、それを許す「クラブ」に贈る。

... 続きを読む
映画MONGOLをみてきました。

 追:こちらでも「黄金甲」が封切りになったようです。 それと「少林少女」4/26から封切りですのでゴールデンウィーク向けですかね。

<以下ネタばれ有です。>

... 続きを読む
 見逃した「動いてる山下達郎(笑)」在るうちにハッときます。 しっかり奥様の後ろにいますね・・・。 ’2000年の映像みたいです。 ご結婚当時は「竹内まりあ」ってなんであんな奴と・・・なんて言ってましたが、J-POPの語媛さん選択は間違ってなかったね。 年齢とともに「ふかく」なっていく人っていいなあ。

... 続きを読む
 皆さんのHPに在った4月1日企画です、遅まきながら(笑)

... 続きを読む
Return to ForeverReturn to Forever
(1999/11/16)
Chick Corea

商品詳細を見る

Light as a FeatherLight as a Feather
(1990/10/25)
Return to Forever

商品詳細を見る
 有名な 「Return to Forever」所謂「カモメ」のチックですが、「スペイン」が入った「Light as a Feather」と双子アルバムです。 フェンダー・ローズと「合わせ一本」という感じです。 「才能がある人が気合を入れてやる」とこんな「一世一代」の作品が出来てしまいます。 この後のチックは「惰性」「余技」でやってるような、というかJAZZ界随一の「芸人」ですからねえ。
 
... 続きを読む
 京劇「三岔口」と梅蘭芳の「貴妃酔酒」 BS2 4月12日(土) 午前0:45~2:50(11日深夜)
毛沢東の番組を見た後、予約しながら番組表を見てビックリ。 梅蘭芳の「貴妃酔酒」デスト! 昭和31年(1956年)の来日公演のようです。 もう一つリンク
番組表リンク  紹介HPリンク です。 是非録画してもご覧頂きたいと思います。
秘曲 笑傲江湖〈第5巻〉少林寺襲撃秘曲 笑傲江湖〈第5巻〉少林寺襲撃
(1998/08)
岡崎 由美、金 庸 他

商品詳細を見る
  ドラマはもう27,8話です。 小説と順番が逆なんで、題名が「囲寺」ですが、ドラマの今回のメインは「雪ダルマ」のシーンです。 盈盈さんも「気合入りまくり」ですよ。

... 続きを読む
価値・搾取・成長 森嶋通夫著作集 (8)価値・搾取・成長 森嶋通夫著作集 (8)
(2004/07)
森嶋 通夫

商品詳細を見る
 金庸小説の後期、「倚天屠龍記」あたりから、特に「天龍八部」と「笑傲江湖」は如何にも「リアリティ」のない「武功」が数多くでてきます。 面白さを追求しただけかもしれませんが、その「メタファー」というか、この教科書でいう言葉のアイロニー」(表面上述べられていることとは違う意味を読み取らせようという修辞的表現。 隠喩(メタファー)や直喩など他の修辞技法とは異なり、解釈という行為をとおして認識される。)として読んでみます。 以前、「独狐九剣」の誕生完成、そして令狐冲の習得でも書きましたが、金庸の武功からは色々な意味が読み取れて又楽しからずや、です。

... 続きを読む
 春うらら、オシムの遺伝子は消えた。 代表は「マナマでの自爆」で「絶縁」宣言して、残るは「千葉」に監督やシステムを変えても残っているかと期待して行ったが、何もない。 「ある人しか出来ないサッカーは継続しない」のです。 「オシム」「惜しむ」いうのはやめましょうね。 クローン技術の研究に精を出したい人はご自由に・・・。 でも「名古屋」に「変異体」があるような雰囲気なので、今度期待して良くみてみます。

 試合結果はこちらから スタッツ上は均衡していますが、内容は千葉にノーチャンス。

... 続きを読む
さすらいの恋人 眩暈(めまい)さすらいの恋人 眩暈(めまい)
(2006/03/24)
小川恵、北見敏之 他

商品詳細を見る
 このDVDは、もう死語になってしまった「日活ロマンポルノ’78/3封切りの隠れた名作です。 なんでこれで『わかれうた』? 挿入歌で使われているんです。 ストーリーは『わかれうた』そのもの(笑)。
 この映画はなぜか印象が深くて記憶に残ってました。 まさかDVDでそれも30年ぶりですが、発売になるとは・・・。 若かりしみゆきさんの映像をどうぞ。

... 続きを読む
曹操―三国志の奸雄 (講談社学術文庫)曹操―三国志の奸雄 (講談社学術文庫)
(1996/03)
竹田 晃

商品詳細を見る
 この人ほど「批評」が裏表ある歴史的人物はいないでしょうね。 三国志では、当時曹操を「子治世之能臣亂世之姦雄」と評したとされる許劭など「人物批評家」がいて、『月に一度月旦評と呼ばれる人物評論会を開いていた(『後漢書』)。彼の影響力は絶大で、彼に賞賛された者は出世を、されなければ没落の道をたどったという(『太平御覧』)。(wikiより)』のだそうです。 あれ、題名は能臣と姦雄が逆ですね(笑)

 さて、今回は雑談です。
 『三戦』はホントに名場面ですね。 「丁々発止」の「強弁・詭弁・揚足取り・ハッタリ・騙しあい・・・」は、さすが「議論の国(笑)」の面目躍如。 武闘シーンではなく「誰が一番能弁で悪者か?対決」です。 舞台設定や登場人物、科白も一字一句「味」と「含み」が在ります。 その中でも、任我行の「人物批評」は傑作です。
・尊敬する3.5人: 方証大師 風清楊 沖虚大師(0.5) +東方不敗 
・軽蔑する3.5人: 左冷禅 ???  およびでない余観主

... 続きを読む
IT\'S A POPPIN\' TIME (イッツ・ア・ポッピン・タイム)IT\'S A POPPIN\' TIME (イッツ・ア・ポッピン・タイム)
(2002/02/14)
山下達郎

商品詳細を見る
 私が「ロフト」「ピットイン」で、こんな皆さんライヴを聴いていたとき、隣では多分「一番よかった時期」の山下達郎と仲間達がやっていたんですね。 擦り切れるまで聴いたのは、このアルバムで「大ブレイク」した後、「これの方が格段いいよ」、という「押し売り」に「やむを得ず」ノッタのですが、・・・ジワジワ来ました。 今でも「夜軽く気分を好くしたい」時に聴きます。 
 メンバーが凄いですね。 『村上“ポンタ”秀一(ドラム)、岡沢章(ベース)、松木恒秀(ギター)、坂本龍一(キーボード)のライヴメンバーに加え、土岐英史(サックス)、伊集加代子、尾形道子、吉田美奈子(コーラス)』
 山下達郎は動く映像が全くないのですが、音だけは何件かありますので、続きでどうぞ・・・


... 続きを読む
Killing Me SoftlyKilling Me Softly
(1995/10/24)
Roberta Flack

商品詳細を見る
 子供の頃からこういう歌を子守唄に聴きながら育ったら、もっと優しい人になれたかも・・・。


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。