上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年の目標で、紅楼夢と西遊記を原作和訳本で読みきる・・・を掲げました。 西遊記はいつでも取り掛かれそうなので、難航しそうな紅楼夢からとしました。
『紅楼夢』(wiki)   (中文wiki)  (百度百科)  (中文原作)   紅楼夢小事典
 グーぐるや、アマゾンで検索しても日本語のサイトや本は殆どありません。 三国演義・水滸伝・西遊記に比べれば、何百分の一しか読まれていないのでは・・・と想います。 武侠小説・ドラマと同じくらい日本では不遇かな(笑)。

 まずは、予習で、この要約画本を古本で手に入れ、ワールドカップ前に読みました。
... 続きを読む
スポンサーサイト
 吉村昭の歴史小説、「桜田門外の変」(wikiリンク)の映画が完成しました
 公式HP(リンク) 予告編もできております 10/16東映系全国公開です。
... 続きを読む
 ワールドカップがはじまるのと、『射雕英雄伝』が終わって『神雕侠侶』が始まるのが同時期で、元々あまり好きではない『神雕侠侶』は全然視てません。
『神雕侠侶』(Wiki) (中文wiki)   (百度HP・・・)   SINAHP  中文原作・・・ NECOHP  MAXAMHP

 ということで、興味は当然この次に放映されるはずの『倚天屠龍記』にいくわけで、これは、私が、金庸原作で3番目に好きな物語です。(「笑天倚・・射・・碧侠雪書・・・鹿神連」の順です)
 『倚天屠龍記』: (WIKI) (WIKI中文)  (百度百科) (中文原作)  (ドラマ中文HP)
... 続きを読む
 今日は、水戸vs大分戦をK’sデンキスタジアム現地観戦でしたが、雷で前半で試合中断の上中止、再試合だそうです。 15時過ぎから東北の方角に巨大な入道雲がモクモク! こりゃくるぞと思ったらやっぱり。 私は雨に弱いので、すんでの処で逃げてきましたが、もの凄い落雷と雨でした。

 さて、暑さで参っており、ブログ記事も滞り気味ですが、サッカーなどしっかり視ています。
... 続きを読む
 ワールドカップが終わって、溜まった仕事を片付けているうちにあれよと一週間。 記事が書けずにおりますが、今大会で一番面白かった試合の一つは、3位決定戦だったでしょうね。
 負ける事を怖れる必要がない、期間中にチームが熟成する、或いはサブメンバーのモチベーションなど、「悪い」試合になる要素は少ないですね。 特に今回はドイツvsウルグアイという、チームカラーとしては「嵌りやすい」対決で、ドイツが先取点を取ったことから益々面白くなりました。
 ウルグアイは、30年タレントは変っても変らないねえ・・というこれぞウルグアイ。 ドイツはやっとあの70年代の「ボールが人と動く」サッカーの片鱗が見えて嬉しいです。 昔に戻って良かったね。 というところでしょうか。 ユニフォームの地味さもあって、何処かレトロな感もする試合でしたね。
 フォルランMVPはFIFAの良心? ということなんでしょうかね。 地上波もBSも放送が無かった3位決定戦のフル動画へのリンクを、つづきに貼っておきます。
... 続きを読む
... 続きを読む
 はや、戦いは準決勝。 四年に一度のお祭りもファイナルが近くなってきました。

 さて、先日は、日本の戦いをチームデータでみてみましたが、今回は個人データでみてみます。
 FIFA日本チームページ(リンク)
... 続きを読む
 ウルグアイの終了間際のハンドは色々物議をかもしそうですが、PKを失敗したのに、PK合戦の一番手で出てきて、ゴールの上スミに決めたアサモア・ギャンは「漢」です!。
... 続きを読む
 7/1付け記事を加筆修正しました。

 日本は結局4試合で、2勝1敗1分(PK負け)だったわけですが、その戦いについて、ベスト16までのFIFAのHPのデータ集をダウンロードして、32カ国と比較してみました。 それがどのような意味があるかまでは、分析や言及できませんが、特徴的なところを羅列してみます。
 FIFA日本チームページ(リンク)
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。