上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果詳細はこちらで・・・。
 いやあ、小雨のうえ2階の席は「吹き抜け」なので、もう寒かったです。 試合は、結構熱かったですが、最後にミスをした横浜FMが負けました。 そういうことです。

 横浜は3-5-2、常に後ろに3人置くのと、ワイドに開いたWBが鹿島のSBを警戒して絞ってこないので、中央の人数が鹿島に対し必ず足りなくなります。 鹿島の両サイドは殺したが、MF中央の数的不利でゲームの主導権・ポゼッションは出来ません。 まあする気もなかったのでしょう。 ただ、鹿島も守備ブロックを崩してまで攻めませんし、横浜FMの中央の守りも強い。 山瀬・ロペス・他の「アドリブ」はまあまあなので、ミスパスなどから数回カウンターを受けることもありました。

 今年の鹿島は、前半立ち上がりから30分くらいまでは、引き気味に無理をせず様子をみて、30分過ぎからプレスのかける位置を高く、人数を掛け、運動量を増やして「攻め」に入ります。 その信号は小笠原の縦への走りこみで、これにより全員の動きが早くなり前ががりになります。 同じ情況になった33分に、横浜FMは自陣エリア外のつなぎのパスをカットされ、小笠原の瞬間的判断のリバースパスでマルキーニョスがフルパワーのミドルシュートを打ち、ぬれたボールはキーパーの手をはじきゴール・・・。 カットされたパスとキーパーはミスですが、鹿島にとっては形はどうあれ結果は「ゲームプラン」そのものでしょう。

 鹿島の後半は、開始早々は前がかりになるのが傾向です。 今日は、横浜FMも踏ん張り互角、鹿島がポゼッション、横浜はカウンタ狙いで膠着状態です。 しかし、こちらも二つのミスで同点になりました。 内田が小宮山に「軽い」対応をし、内側に切り返されてミドルを打たれたこと、そして曽ヶ端がニアサイドをアッサリ抜かれゴールを許したことです。 
 マルキーニョス・小宮山ともきちんと「枠をとらえたシュート」だったからこそゴールになったのですが、ミスがからんでいます。
 これで鹿島は「攻め」に入ります。 小笠原がまたもやPK失敗でどうなることかと思いましたが、攻め合いでスペースが出来れば切り札「ダニーロ」が活躍。 この人はバイタルエリアよりもう一つ外側できちんとキープできアイデアがあるので、有効です。 最後は、左サイドで数的優位を作って新井場がグラウンダーの早いセンタリング、これを横浜FMの中澤が決定的なクリアミス。 栗原のやってはいけない場所でのタックルはPK失敗で救われましたが、二度目の決定的ミスはそれよりも悪い結果、なんとダニーロの足元にこぼしてしまい逃すはずもなくゴール。 横浜も力攻めに出ますが終了・・・。

 これを読むと「ミス」ばかりに見えますがそういう試合ではありません。 最後勝負を決めるのは『積極的な仕掛けの結果生じる必然的な相手のミス』ということです。 「ミス」は「するもの」ではなく「させるもの」・・・。 これをどういう展開でも結果的に導き出せるのが開幕3連勝した鹿島の力でしょうか・・・。
 鹿島にとっては、田代に得点の匂いがしないこと、内田のプレーが全体の中では「軽い」ことが問題でしょう。 鹿島はこれから連戦が続きますがそう簡単に勝ち抜けるとは思いません。 二人の奮起が必要です。 でも青木は「活きて」ますね、このチームで・・・。

 ビデオをみて気がついたことがあったら追記します。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/100-be176be8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。