上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結果はこちらから・・・。 TV観戦でした。

 川崎が良いですね。 3バック・1アンカー・2MF・2アウトサイド・2トップ
 2トップの動きに対応し、バイタルに2MFが交互に入り込む。 縦が遅くなりそうならサイドに早く開いて前に仕掛ける。 鹿島の守備ブロックをピッチ一杯に囲み、左右、真ん中、スキを縦に突くのが効果的。 マルキが前半早々怪我で交代したこともあるが、前半は川崎がポゼッションも上回り完全にぺースを握った。 
 しかし前半のスコアは川崎1-2鹿島。 両者ともスローインから抜けたボールを予測良く拾ったファインゴールで1-1。 そこに速攻から鹿島・青木のロングシュートがアウトドライブが掛かってゴール。 これは、4対4の同数でBKが遅らせようとちょっとした距離を開けたスキをついた思い切りのよいシュート。
 後半は、開始から川崎がどんどん走ってチャンスを量産。 鹿島CKからの見事なカウンター・さらにたたみ掛け中村憲がヘディングでゴール、2分間で逆転した。 以降は川崎がやや低めに構え、2トップの能力を最大限に生かしたカウンター狙い。 鹿島もナントカしたいことはわかるが、どうもかみ合わない。 川崎が最後まで要所を押さえ、逃げ切り完勝。

 川崎はスコア以上に鹿島を圧倒。 良さを取り戻しましたね。 相手ボールへのプレス・集散・こぼれ球への寄せが早く、攻めきる思い切りがいい。 浦和・横浜FMの良いときを含め、Jリーグの一つのスタイルでしょうね。 ただ、ある程度のスペースとスピードが確保できてのサッカーです。 相手に守られたときはどうか、という課題はありますが、スーパー2トップがいるしね。
 鹿島は、さてこれから如何する・・・。 極端に悪いわけではなく、この数試合調子の上がってきた相手に当たったことはあるが、今日は違う質のサッカーと四つ相撲で完敗。 運動量、連携も劣っている。 今が底かもしれないが、耐えるだけでなく何か修正が必要でしょう。 大幅に変えられるチーム体質ではないし、変えないほうが良いとは思う、が、内田が戻ったら、田代・野沢を外して走る選手を入れて、小笠原を上げて3・5・2にするとか・・・。 水曜のタイ銀行戦は結果が必須ですからどうなるか楽しみです。
 でもJリーグはまず、鹿島・名古屋がまず出て、FC東京・川崎が次の波に乗って、面白いリーグですね。

 追:このチームも川崎をモデルに、同じ体質の浦和と横浜FMを合わせて海外組をたして、後ろにビルドアップできる選手をそろえれば形にはなるんじゃない。 役割さえ決め気合をいれれば熟成はあまりいらないし、そのポジのBESTプレーヤをおけばなんとかなる やり方ですから(笑)。  (川崎はこうしているはずがないが、このチームはこうするしかないからで念のため)。

Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/137-69012e63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。