上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秘曲 笑傲江湖〈第7巻〉鴛鴦の譜秘曲 笑傲江湖〈第7巻〉鴛鴦の譜
(1998/10)
岡崎 由美、金 庸 他

商品詳細を見る
 ここまでの数章は、強欲・怨念・謀略・裏切・絶望の「ドロドロ」でしたが、大結局にむけ息抜きというかこじ付け気味なれど愉快な一章です。
 儀琳親子の「真相」が明らかになり、両親が再会仲直り(といってもこの先ずっと喧嘩するでしょうが(笑))。 令狐兄と盈盈が儀琳ママに脅されるも愛を深めます。 儀琳ママって「天龍」にこそ相応しいキャラなんですがね。 ついでに江湖の小悪党達もサヨナラという「強引な〆括り」ですが、しっかり次章へ繋げています。

 かつて不戒和尚を罵って切りつけたのは、性格や物言いからして若かりし寧女侠では?そんなに世間は狭くないか(笑)。
 不戒和尚が奥さんに言われた「天下第一負心薄幸、好色無厭之徒行(天下一の大悪党、色好みの薄情者)」って、何か有名な言葉と対句のようになってるのでしょうか? それとも金庸先生の実体験??(笑)。
 ドラマでは令狐兄の儀琳ちゃんばりの「坊主頭」を視たかったですね。

 手に汗握りながら夜中まで読み続けあと少しで結末、で一休み、アレもうこんな時間だ! と気づく章でしょうか・・・。 全力疾走だけではない構成も良しと思います。

 というわけで、そろそろ「大結局」ですので、この笑傲江湖の記事もまとめに入りたいと思います。 小説の「技法・構造」面は、最初に四回に分けて記しました。 (一時限目) (二時限目) (三時限目) (四時限目) また、ここまでで書いてきた感想や解釈を改めて纏めると次の通りです。

1.何が起こるのか、この出来事は何故起きたのか を追いかける楽しみ
 小説を書くにあたって「物語造り」から入ったと思われる。 「伝説の剣譜の争奪と武林の権力争い」に「復讐劇」と「恋愛ドラマ」という武侠小説のオーソドックスな三要素を織り交ぜた「ストーリー」が秀越である。 そして「プロット」「場面展開」「エピソードの色づけ」など上手く構成し、ミステリーとしても良い出来といえる。 政治ジャーナリストで歴史研究家金庸の面目躍如といったところ。 また、喜劇と悲劇、緊迫と癒し、武闘と諧謔を前後・対比させていく進行がうまい。 欠点としては、金庸全てにいえるが、背景や心理面を「説明しすぎる」処。

2.物語り・キャラクタに込められたメタファー・言葉のアイロニーの豊かさ
 「あとがき」で書かれているように、新聞連載時は「文化大革命」の初期であり、政治の下劣さへの反感が小説に反映しているのは金庸自ら認めているところである。 日月神教の教主を称える符牒や東方不敗が直接何をさすか有名な話である。 しかし、これに止まらず、以下3.4.という特徴があるため、物語り、キャラクタを色々な情況・人物に喩える、解釈することが可能である。

3.時代諷刺を超えた物語り・キャラクタの普遍性
 人間社会の政治活動のドラマを武侠小説という形式・文法に仮託したメッセージ性が強い作品だが、単なる「あてこすり」でなく、ストーリー・キャラクタをより「抽象化」しようと書き込んだことにより「諷刺文学」として成り立っている。
 そして、登場人物のキャラクタの「政治性・社会性」を際立てて描き分け、かつ個々に奇怪な個性を与えたことにより、単なる政治的抗争劇だけでなく、読者のおかれたあらゆる社会生活・組織等の局面で起きる出来事と人物を連想させる普遍性を持っている。

4.主人公が挫折を乗り越え恢復・成長していく人生ドラマの魅力
 主人公の公・私両面の挫折とそこからの恢復をうまくストーリーに織り込んでおり、特に恋愛劇では相手の女性のキャラクタを上手く対比させ、青春ドラマとしても上手く描いている。 これまでの金庸作品のなかでは、「心の動き」を詳しく書き込んでいると思う。 これは、いつの時代のどんな人間にでもおきる苦悩であり、2.の政治的物語性と同じく普遍的なものであろう。

5.金庸武侠小説の完成版としての連続性と、後世へ大きな影響
 金庸のこれまでの作品の舞台やキャラクタ、独孤九剣吸星大法など武功が上手く連続したイメージで取り込まれている。 また、後の映画やドラマの原著として東方不敗など幾つかのキャラクタが活用され名作を生み出している。

 本作は、金庸武侠小説のひとつの完成形で、長編としては前作となる「天龍八部」と、好対照というかまるで「性格が全く違う兄弟」のようです。 この辺の比較・対照は天龍の記事の最初にまとめてみる予定です。

 次回は、令狐冲を近代中国に例え色々捻ってみましたが、その纏めをしたいと思います。 金庸が、令狐兄の恢復と成長には結局何が「拠りどころ」だとしたのか? です。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/143-5fbb1c11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。