上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 メンバー・結果はこちらから・・・。 TV観戦です。
 開幕以来順位は低迷中の清水と、明らかに息切れ・梗塞状態の鹿島。 どちらも「上向き」にしていくために結果が欲しい試合。
 
前半は、清水はFWターゲット役が欠場の様で、「動く」2トップ。 この二人とOMFの連携が良く、セカンドボールを良く拾って鹿島のバイタルエリアを上手く攻めている。 鹿島も悪くないのだが、清水と逆でFWとOMFの連携が良くなく、又ゴール前の決断や技術が足りないので決定的チャンスにならない。 そうするうちに川崎戦と同じようにCKからのカウンターで失点。 タイバンク戦のロスタイム失点と同じ集中力の問題。 これ以降は清水がキチット守って前線4人が上手く攻める形。 清水はこれでこの順位は疑問。 鹿島は悪くないのに点の匂いがしない、縦の追い越しが全くない、マルキーニョス不在もあるがチーム力が明らかに低下。 前半は清水1-0鹿島。
 後半も立ち上がりから清水が連続攻撃を続けるなどペースを握る。 鹿島は早めの選手交代。 ダニーロ・増田を野沢・本山に代える。 やはりOMFの処が問題と判断したようです。 しかし清水の速いパスまわじとフェルナンジーニョのキープからサイドを崩すサッカーは変わらず、一方的にペースを握る。 局地戦で常に清水の人数が多い。 鹿島はさらに佐々木を内田に代えて前線を増やし、疲れもでた清水を攻めるが数度のチャンスも決められず終了。
 鹿島は連敗、完全に波の下潜行中ですね。 浦和戦がお互いターニングポイントになったようです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/144-87e8f482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。