上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
heki001
SINAの紹介サイト
 『碧血剣』・・・「碧血」:義に殉じた人 「書剣恩仇録」の大結局で、ホンチトンが香香公主の亡骸を故郷に持ち帰って弔おうと北京の墓を掘り起こしたのです。 が、亡骸が消えていて、「かすかな芳香」と「碧い血溜まりがあるだけだ。」ったのですね。 ここから題名が繋がっていて、「碧血」+「剣」で、「義」と「剣」が「主題」だよ、というお話です。

 イケ!安剣清! のっけから「安剣清」トバシテますなあ・・・。 
heki002
 何しろオープニングシーンがアレですからね。 肝心な子供を逃がすというのはお決まりですな・・・。 青城派余滄海、李莫愁姉さんに比べるとチョット小振りですが、 善哉・・・。
heki004
 袁承志との崖っぷちでの剣戟、エゲツナイですねえ・・・。 ほら「殺せ」と言って「お坊ちゃんを油断」させて、「あっち向いてホイ」で突き落とすなんてね。 笑傲江湖はじめ武侠ドラマを見慣れると「おおソンナモンカやっぱり」「まあ承志は死なんだろ」になるわけですが・・・。 悪役はまずああでなくちゃ・・・。

 この人はダメですな。 
 heki003
 周迅・黄蓉や陳好・阿紫のように原作の魅力も伝わらないし、かといって許晴・盈盈や天山スーちゃんみたいな独自の魅力もないし。 まあそのうちこの方が登場し女主角交代ですし、五毒教のお姉さま方も控えてますからお楽しみです・・・。

 ドラマの造り方も笑傲江湖の時は淡々とシーンを繋げるだけなので、いま一つ盛り上がりにかける(反面、あるシーンのシナリオ・演技力で決まる)ところがありましたが、今回は二つのストーリーを同時進行させて合体させたり(無理があるのはまあいいでしょう)、子供の承志の「フラッシュバック」シーンで安剣清を思い出させたり・・・工夫してますね。

 最後に・・・・、 温儀さん・・・。早く出てきて、なるべく長く出ていてね・・・・。
 heki005

Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/156-6392832c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。