上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「安大娘」の「王璐瑶」さん登場しましたね。 ousann012
 おっとこれではなく・・・こっちです。 bosi001
 いい雰囲気の親子ですね・・・。 でもこの明るい雰囲気もそう続きません。 旦那が「あれ」ですから・・・。 
 こちらの母娘は悲しい別れでした。 bosi002
 でも、温儀さんに「青青」を頼む・・・といわれ快く請ける承志は漢ですが、調子に乗って「面倒をみるんだろ!」と突っ張る青青は嫌味ですな・・・。

 さあてさて、青弟さんよ、母の喪もあけぬうちから「南京城の秦淮河」に遊びに行くデスト! トンでもない不孝もんですなあ・・・。
 
 嬉しそうに杯を上げてますが・・・。 そう、秦淮河って「花街」ですから「おなご」が行くところではないわけで、此処でこそ「男装」すべきではないでしょうかねえ(笑)。
 
中国遊里空間―明清秦淮妓女の世界中国遊里空間―明清秦淮妓女の世界
(2001/12)
大木 康

商品詳細を見る

  ヨコミチにそれて、こんな有名な詩があるそうです。 
 泊秦淮 杜牧
 煙籠寒水月籠沙 夜泊秦淮近酒家 商女不知亡國恨 隔江猶唱後庭花
 晩唐の詩人「杜牧」作だそうですが、秦淮の妓女たちが、かつて南京を都とした「陳」の亡国の詩である「後庭花」をそれと知らずにか唄う、混乱の晩唐の「現在」をダブらせているのでしょうね。 さらに、碧血剣の舞台である明末と、晩唐と陳の亡国が三重にダブってきます
 
 承志兄さんとラブラブでご満悦の青青さんですが、 hune001
 あの方が琴の音とともに登場します。 koto001
 ドラマ「七剣下天山」では、承志たちの会話にも出てきた南京一の妓女「董小苑」を演じてましたね。 ここでは貴妃然とした登場です。
 akyuu0010
 承志達に絡む高官の御曹司を懲らしめようと、 akyuu011
 飛びます・・・ tobu01
 悪い奴を踏みつけて綺麗に着地! tobu03
 もう主役は交代ですな(笑) akyuu015

 ムカついた青青は絡んできた御曹司を、「いいことしましょ」と誘った挙句切り捨てます。 この時「玉が二つ」落ちたのは何処を切ったんでしょうね?(爆)
 kiru01

 さて、場面は一転し、妓女ならぬ公主様であった「阿九」さん。 南京城ってあんなに大きかったの? とか突っ込みはさておき、
 akyuu0012
  「あんみつ姫」姿(笑)も素敵ですね。 akyuu0015
 さすが侍女も可愛いですね。 彼女は後に重要な役回りになります(笑)。
 
 「なにも知らないことのほうがいいかも・・・」なんて憂いを込めた表情です。
 「師父を探して江湖を自由に渡り歩きたい・・・」なんて、ただのお姫様の我侭なんでしょうか? ただその想いは、波乱万丈の人生を彼女にもたらしてしまうのですね。
 akyuu0020

 物語は何か「いわくありそうな復讐劇」が始まりましたね。 また色んなキャラが登場していきます。 阿九さんにボーっとしてよくみていないと人間関係がわからなくなっていきます(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/166-951cabfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。