上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結果はこちらから・・・・。  TVリアルタイム観戦 ユーロが全然視られないこの頃です・・・。
 結果のみで良いアウェー三戦目。 現在のJリーグ日本人最多得点者「田中マ」と、代表チーム最多得点者「中澤」の2ゴールでリード。 まあ取るべき人(笑)が、取るべきプレーで取った。 タイも「これはシャアナイね・・・」みたいな雰囲気。 実質これで勝負はきまり・・・。

 内容は特記することあまりないが、今日の試合でチームとしての機能云々はあまり論じても意味がないでしょう。 後半のタイは楽しかったですね。 ペナルティエリア付近のアイデアと技術は流石です。 それとプレーが止まったときの岡田監督「眼鏡レンズ」越しのカットに笑いました。  中村俊がいなくなると縦横「長い」ボールが減って、タイお得意局地戦でさらに相手ペースでした。 それでも零封し、最後中村憲がきちんと3点目を取ったのは良し。

 遠藤と長谷部がこれまでより低く並んだ位置から起動していたのは、SB裏対策で意図的なものだと思いますし、良いのではないでしょうか。 そうなると、後半のように意図的に内田が上がらなくすると彼が居る意味がないし、間延びがおこる。 やはりSBの人選と使い方は考えどころですね。 フラットに近い4バック+1アンカー、つまりボールサイドのSBは追越可、残りの3人がスライドする・・・(A)か、両SB高めのダブルボランチ、つまり逆サイドSBも高く位置して、ボールサイドDMFがSBカバーで残る・・・(B)か・・・、決めたほうがいいと思います。 今は、後者のようですが、徹底していません。 長谷部のプレーに迷いがあるのはその辺。 (A)はガンバ、(B)は鹿島ですな(笑)
 FWは矢野のようにトップに張って、CBと共倒れするようなシステムの方がやはりいいと思う。 そして後ろからの飛び出し形を2枚置いたほうが機能するのではないでしょうかね。

 ホーム:バーレーン戦は「量・質」とも「意図を持って」きちんとやって欲しいものです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/169-b9dd9074
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。