上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果詳細はこちらから・・・  TVリアルタイム観戦。
 大勢に影響の無い試合。 怪我人、カードを貰っている人を外したためでしょうか、このようなメンバーでした。 バーレーンも控え組みとか。
 停滞気味の試合は、内田の渾身のヘディングシュートが相手キーパーをあざ笑うかのように見事にゴールに転がって日本の勝利。 バーレーンにとっては埼玉スタジアムは「凶」なのでしょうね。

     玉田   佐藤            1.遠藤・中村憲が並ぶとどうもタイプが似ていて「停滞」
    本田        中村俊       しやすい。 縦の動き・守備:長谷部>憲剛なので、
安田   遠藤  中村憲  内田      長谷部がファーストチョイスか。
     田中マ  中澤            2.SB:内田・安田は無謀と思えるが、やるなら徹底して
        楢崎               その仕組みにして欲しいですね。 サイドを崩しても誰が
                          中で決めるのか?
 3.自分のところでナントカしようという病気が出た俊輔は「叩かれて」しかるべき。
 4.ヤッパリ最前線に「張る」FWが必要と思います。 その後ろに飛び出し形OMF二人。
 最終予選はどんな組み合わせでも苦労するでしょう。 やり方が「ミエミエ」で辛抱すれば抑えられるサッカーですから。 まずは守備の強化ですね。 セカンドプレスがまったく出来ていない。
 「オーストラリア・イラン・日本・ウズベキスタン・カタール」 (イラクでなくカタールが勝ち残ったようです、修正)という組み合わせになったら・・・色んな意味で面白そうです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/179-55d495ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。