上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は事前にDVDを視ていないのですが、元々余りふくらみの無い話で「段々本当のことが分かってくる」面白さが命なのに、第一回でこんなにネタばれしていいのか?などと思っております。 まあ、金庸原作なら「みんな知ってる言っちゃいけない」物語りなわけで、改編部分に期待ですよ、みたいなものでしょうか。
 「事実・真実」とはほとんどが各々の「言い分・思い込み」で、それ故不幸や悲劇を生んでしまう、みたいなテーマもあるのですが。

 今作は、ツッコミとコネタだけです。 
・このご夫婦は、どう見ても「武侠」というより、香港の不動産会社のオーナーご夫妻が旧正月に旦那の生まれ故郷に造ったスキーリゾートに休暇で来ました。 みたいな雰囲気でした。
huuhu01
・まあ雪崩の場面はさておき、凍りついた道路を馬車がよく轍がスリップしたり雪にはまらず走れるね・・・とか。
・胡斐の名前の由来は「ナンタラカンタラ」言っていたが、字幕が「非」になっていたのですがこれは如何?
・天龍八部でも出てきた長白山って、「向こう側」は朝鮮で「白頭山」と呼ぶのですね。 今では、中朝間で「どっちのモンだ」みたいな軋轢があるようですが、DVD韓国版では「白頭山」ってわざわざ吹き替えるのでしょうか?
・田帰農のパトリック・タム(譚耀文)が中々「悪役」っぽくて良いが、こいつと40話付き合うと思うと・・・・。 最近はあの「青青」の中の人と「広府太極伝奇」というドラマで共演しているみたいですね。 予告編です。「青青」さん武術が下手なのを悟ったか太極拳の練習してます。 又男装ですな。
・胡一刀さんと奥さんはこの流れだとあっという間に「サヨナラ」では?
胡夫人のブログ(张彤さん)と色々お仕事の写真です。 
okusama05
 私と一緒に胡斐のこれからをマッタリと視ていきましょうね・・・うふふ。 みたいな雰囲気のドラマですね。

追:張P版「鹿鼎記」、NTSCリージョンオールで英語字幕のが出てるみたいです。 買っちゃおうかな・・・と。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/227-a25e5374
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。