上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
折角早起きしたので・・・ 試合の詳細はこちらから
 0-5の試合でしょ、流れからして。 浦和なら0-3で、鹿島でも1-4で終わらせているはず。 このきちんと勝ちきれない「弱さ」が何処から来るのか、「気のゆるみ」とか「経験になった」とか「反省」で誤魔化さないでほしい。
 試合開始からの「特攻プレス」と「ポゼッション」が嵌って中村俊のFKからのゴールという結果と前半終了間際の追加点を生んだこと、前線の2人+αの個の仕掛けが有効であったこと、遠藤のサバキがやはり効果的なこと、などPLAN&OUTPUTはOKだが・・・。
 試合の流れ、守りに入る時の守備面の組織・戦略が見えない。 「特攻プレス」しか無いんですか?と言いたくなる。
 特に、後半立ち上がりからバーレーンが必ず攻めに出てくるのに、どう「しのぐ」のかプランがあったのでしょうか?結果的にやり過ごしたけれど。 その後相手がへばって退場で1人減った後も、交代選手の役割や変更点などもあるのだろうがピッチで表現されていない。 疲れもあってあってはいけない「間延び」が起こり、偶然もあるが、これが最後の2失点になったと思う。
 各論的には、並びからすると、フラットな442に近い4222。
 左SBに阿部をおいて、右の内田とバランスを取ろうというのは良いと思う。 中に入ってゲームを造る中村俊の開いたスペースに内田が上がる。 そのカバーを含め阿部はあまり上がらず、前のスペースは松井やFWの流れるスペースに使うという発想でしょう。 あるタイミングでは3バックになってました。 攻めている時の対カウンター守備で、3人が後ろにズルズル下がり、所謂バイタルエリアが空くことがある。 我慢してラインの高さを保ちDMFと合わせた守備の三角形やひし形を壊さない方がいい。 これは大分や浦和が上手い。
 DMFというかCMFに近い長谷部と遠藤は特に役割分担してはいないが、守備面と縦の走りこみで長谷部に運動量の負担がかかるようだ。 それ故最後長谷部を変えたのだろうが、交代で入った今野がアヤフヤ。 その前に松井に代わった中村憲も、同じポジション・役割のはずが無いのだが何をやるべきだったのか? その辺が失点につながっている。 最後の15分は欧州チームのような、引いたゾーンディフェンスを敷きカウンターを狙うのが正道ではないか・・・。 まあそこまで準備できていないというのが現実だと思うが、そうなると今回のように「型に嵌らなければ」勝てないチームであり、試合中の応用が効かない状態となる。 攻めは所詮個のアイデア・技量・FKに依存せざるを得ないので、組織的守備の成熟がヤッパリやるべきことでしょう。 これは欧州組不在でも約束事等の徹底なので出来るはず。
 中村俊と松井はもう「なくてはならない」選手。 怪我などで欠場時にどうするか?前線でのキープ力が無くなるとポゼッションできなくなりこのチームの前提条件が崩れる。 遠藤の不在時とあわせ、危機管理的準備のしどころです。
 FWは田中達が調子を戻して良かった。 玉田・大久保と三人の中で「調子のいい人」を使えばいい。 まあ、最後の切り札はジュニーニョ帰化で心配はしてません。 佐藤寿は足元が弱い分厳しいですね。
 『日本弱っ!』でも思った以上に「楽しみなチーム」です。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/229-527b39e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。