上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 流石、ドラマの造り方は上手い。 2話90分の大部分で三角関係の「情」「欲」「謀」をもういいよというくらいグダグダ描いて(子連れ狼風に逃げた女を追う、それも娘が「母親から直に『お前は捨てる』といわれれば納得する」から、と説得されてなんてまあよく思いつくわいな)、最後に偶然とへ理屈の強引な場面・物語り展開で「鉄花会」の登場、「To Be Continued」。 もう視るのをやめようと想いましたが、来週も視ざるをえませんな(苦笑)。
 このドラマは、金庸原著改編、というより、現代の『恋愛(昼メロ)+企業陰謀劇(土曜サスペンス)』のシナリオを「雪山飛狐&外伝」の「枠組み」に置きかえたと思ったほうが馴染めますね・・・。
 さて、「悪」というより「欲」で人格が「矮小」化し、すべて「手段」としか考えられなくなった「田帰農」ですが。(田舎へ帰って田んぼでも耕してろ!と怒鳴りつけたくなりますが(笑)) この中の人、パトリック・タム(譚耀文)。 自宅のTV画面でこの辮髪姿を見た記憶があると思って調べてみたら、あのドラマ「七剣下天山」、我らが孫菲菲さん演ずる「董小苑」を「かどあかし」て紫禁城に連れて行き、散々口説くも「絶食」の抵抗にあい、更にアッサリクーデターで「サヨナラ」になってしまった「順治帝」をやってたらしいですな。(25・6集あたり・・・動画サイトへリンク) 順治帝の写真を貼ってもしょうがないので、孫菲菲さん「董小苑」の写真を続きに貼っときます。
董小宛
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/234-0977b455
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。