上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACL1/2Final G.OSAKA1-1URAWA  試合の詳細はこちらから・・・・
練習試合 日本1-1UAE  試合の詳細はこちらから・・・・
 両試合とも結果を知ってからのTV録画観戦。

 何か、今年一番「面白くない」(予定調和的試合進行と、誤審PKというオチ)と、「面白さでは一番」(これも予定通りの決定力不足)の試合を見た気がしますね。
 まず、「G.OSAKA vs URAWA」。 ユニフォームがACLデザインで少し違うけれど、Jリーグの延長戦といった感じの試合。 レベルは違うがUEFACLの決勝みたいでした。 ひとこと・・・遠藤はやっぱりあんな形のPKを貰ったら「コロコロ」じゃあないと面白くないわな。
 代表の練習試合。 前半は相手が全く戦闘意欲が無く、まともに試合をしていると思えない展開。 UAEは流経大より弱いんじゃあ?。 後半は少々相手が意欲を前に出してきたが、「北京世代が「遊び」に入って楽しそうでした・・・内田が左サイドの最前線にいたり・・・」レギュラーシーズンでもあんな面白さは無いですね。 で、お約束の「どうやったらそんなにシュートが枠に行かないのだ!」と思っているうちに、あっさりカウンターから失点・・・。 ジーコがかつてシュート練習ばかりさせたのはよく解ります。 岡田さんがやりたいことはよく解ったが、この試合でウズベク戦を予想したりは無駄ですな。
 さて、UAEの監督がフランス人の「バテネー」さんでしたが、’78年ワールドカップでは、名前の通り「走りまくる」タイプのアンカー的DMFでした。 TVのアナが背番号9で「FW」だったみたいなコメントをしていましたが、「もっと勉強して喋れ!」。
 ’78年WCはフランスが久しぶりに出場し、プラティニが世界デビューした大会です。 これ以降強豪復活となるわけですが、中盤からのパスワークでの崩しの楽しさはNO1ながら、ゴールゲッター不在というどこかの国と同じ病気で、プラティニ、ジレスといったMFが決定的場面でゴール前に飛び出して決めるか、BKのロングシュートが武器でした。 そしてこの病気は、ジダン・アンリ・トレゼゲ・・・と続く「異なった血統」を取り込むことにより解決したわけですが・・・。
 ACLは第2戦、代表は本番のウズベキスタン戦をきちんと見ます(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/247-cd48030d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。