上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 雪山はさておき 「赤壁Part1」(Part1が肝心ですぞ(笑))のプロもで来日した「トニー・レオン」が土曜夜の『スマステ』に出演しましたね。 その内容はこの桃花島主様の熱狂レポートにて・・・。  イファナルアフェア繋がりなら、「ショーン・ユー」より「エディソン・チャン」のほうが「イケメン度は高い」と思いますが、もう出せないわねえ・・・(爆)。 何故なら・・・下記。
 「赤壁Part1」が大ヒットして、「Part2期待」と「トニー・レオン」万歳で盛り上がって、あの「大英雄」と「楽園の瑕」が地上波(せめてBS)で連続放映!「チャイニーズゴーストストーリー」3連発するBSですからこれくらいやって欲しい(笑)。 そしてレオン出世作の’86の連ドラ「倚天屠龍記」が吹き替え版で発売されて、NECOで放映されないかなあ・・・と、まったり期待しております。

 さて、肝心の『雪山飛狐』は丁度お話の1/3にさしかかったところで、小さな逸話にはカタをつけて、次のフェーズに進めたようで、それなりに「感動を誘うような」お話でした(笑)。
 「袁紫衣」にトンズらされた「平斐」くんは、また偶然に「『苗田蘭』泥沼愛憎劇」に巻き込まれ、なんと又性格が悪そうな「蘭」ちゃんに出会ってしまいます。
 あのお袋から生まれて、あの親父に育てられたら「こんな風に性格が悪くイジケタ娘になる」というなら、もっと徹底して描いてほしかったですな・・・なんとまあ中途半端なで・・・。
 あの「蝶々」を使った「毒」ですが、発想は面白いし、何処かの国で研究してそう(多分昔のスパイ映画などで元ネタがあるのでしょうが(笑))。 でも目からあれほど大量出血したら、いくら解毒しても元へは戻らないでしょうに。

 さて、毒の谷ナンタラ・・・というところに住む「程霊素」さんがやっと登場しました。
この役者さん、香港アイドルグループ「TWINS」の可愛いほう(笑)の「ジリアン・チョン(钟欣桐)」さんですが、百度なんかで検索するとトンでもない話しか出てきません。
teireiso01
 あの「エディソン・チャン丸秘画像流出事件の被害者」なんですなあ・・・。

 これはさておき、「善意の毒」という「アンビバレントな命題」を背負って登場し、金庸の登場人物としては特異で一考させられた(原作ではね)「程霊素」さんに、このドラマ『最後の期待(笑)』をしております。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/251-104a5ebe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。