上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果の詳細はこちらから・・・・  鹿島スタジアム現地観戦。

 スコア以上の差があった試合ですね。 田原のアーリークロスへのトンピシャボレーがGKの手をすり抜けた同点ゴール以外は有効な得点チャンスは無かった京都でした。
 でも田原を現地で見るのは初めてですが「デカイ」、100kgあるんじゃあ?。 鹿島は、伊野波が大岩に替わってレギュラー。 小笠原がいないので今日は持ち回り?で岩政がキャプテン。 岩政は開始早々CKのこぼれ球を拾って前線に上がるなどどこかの誰かを真似(これ以降やらず)。 これって「あてこすり」としか思えないですな(笑)。

 さて、本題。 京都のDF時の陣形は、シジクレイをCBの前に置いて柳沢を二列目に下げる4141。 後ろの4人(角田・増島・水本・手島)+シジクレイは本職がCBですね。 攻めは田原の頭又は、相変らず良い動き出しの柳沢を上手く使う、佐藤が繫ぎ役で機能してました。 良いチームだと思います。
 しかし、鹿島と京都では、サイドの個の力の差が歴然。 鹿島は小笠原が居ない今、遅攻め時の「基点・預け所」として左右タッチライン際に開くダニーロを上手く使っています。 2トップも上手くスペースに流れるし。 「サイド」の意識がより高まった処に、青木・中後のロングクロス・サイドチェンジが飛び交うので、京都は陣形を確保するのに手一杯で、ボール・人への寄せが後手で甘い。 そこに、縦一本に興梠と追いかけっこになった水本が情けないクリアミスで一点献上。
 これ以降、鹿島はバランス優先でサイドを慎重に突き、無理攻めせず。 京都も陣形を崩してまで攻めに入ってこないというか攻める人が3,4人しかいないので、膠着状態。 そこへ、田原のゴールで振り出し。 このときは本山だと思うが、ボールチェイスで深追いしすぎてクロスのコースを空けてしまいましたね。 しかし、本山は攻めのアイデアは流石ですし、つなぎのエンジンとしても欠かせませんね。
 後半は、立ち上がり少し前目に出てきた京都ですが、鹿島が上手くプレスをくぐりゲームを造り始まると押し込まれっぱなし。 某代表チームの「ウリ」である「早いボールをゴールエリアへ」の見本のように左サイドからグラウンダーのクロスパスを送り込んでワンタッチシュート。 こぼれ球をマルキーニョスが決めて2-1。 「タラレバ」ですが、決定力不足の某チームにマルキがいたら・・・。
 鹿島はアタッキングサードを囲い込み、「横に振って・パス廻して崩す」のはこうヤルノヨ・・・という見本・・・でも京都もディフェンスが頑張り結果は2点しか入りませんでしたね。 鹿島も前半の途中で一時ペースダウン・体力温存が良かったのか最後まで足は止まらず。 終了間際のシジクレイ上げての京都パワープレーまでは一方的展開で完勝。 
 欲を言えば交代で入った田代・野沢がどうもキレが無いこと。 「全部勝てば優勝」はさておき、ロスタイムのハラハラも含め、ホームではこういうサッカーを見せてくれないとね。 
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/252-a0f339fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。