上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 詳細の結果はこちらから・・・   TVリアルタイム観戦

 鹿島の完敗。 というか、FC東京の快勝ですね。 スコアは接戦だが、試合のイニシアティブはFC東京。 1点でも多く、2点取られても3点取る為に、人とボールが動き「攻めようという意識」が90分間続きましたね。 FC東京は前回鹿島ホーム1-4で負けた試合も、最後カウンターにやられましたが途中までは拮抗していましたから。
 前半からFC東京の「前へ」「縦へ」の意識が強く、鹿島は防戦一方。 とはいっても、サイドの石川・カポレ基点がはっきりしているので、鹿島が苦しい体勢で跳ね返してもFC東京のDF・MF陣が鹿島の前の人間をきちんと押させており、ポイントが出来ずボール周辺は常にFC東京の数的優位。 よって、こぼれ球を拾われさらにワンタッチパスでサイドへ展開。

 後半は、息切れどころか更に満を持して左SB長友が駆け上がってチャンスを増やし、CKのトリックプレー、ショートコーナーのダミーでニアポストの守りの内田を引き出して、そこに走りこんだカポレが見事なヘッドで先取点。 こういう「やろうとしたプレー」が決まるとチームは勢いに乗るもの。
 鹿島も内田の中に入るプレーからペナルティアリア内を崩し興梠のダイビングヘッドで同点。
 しかし、此処からFC東京がめげずに攻める、やはり長友の「内側への」上がりとカポレの個人技で崩し、中が決めなければ俺が入れるとばかり、長友がゴールラインからのクリアボールを跳ね返して追加点。 さらに早いペナルティエリア内の速いパスから更に大竹の上手いゴールが決まって3点目。
 鹿島も流石攻め返し、交代で入った田代がお久しぶりのGoodゴールで追撃するも、FC東京が引きこもらずタイムアップ。

 FC東京にしては、今シーズン後半の好調の証明というか、自分達のサッカーに自信がつく試合だったでしょう。 このチームは「走り負けないことによる局地戦の数的優位+縦への速い意識」がキーと思います。 肝心な相手がリトリートしてしまってからの「手」が今日は見えませんでしたが、今日以降、天皇杯も高いモチベーションで勝ち残って欲しい「視たいチーム」です。
 某代表チームが「やりたい・やるべきサッカー」そのものなんではないでしょうか?。 少なくともホームの立ち上がりは・・・。

 鹿島とすれば、こういう最初から「打ち合い」みたいな試合を挑まれると小笠原が恋しくなります。 青木・中後のDMFが常に「後手」に廻ってました。 小笠原は、相手がプレスをかけてくる、しかしながら取られてはいけないボランチの低い位置で、キープするというリスクを取ることによって(持たされる・パスコースが無いということではない)、試合のペースをコントロールしようとします。 ここの所機能していた「オートマチズム」を機能停止にされた今日の試合ほど、こういった意図が必要になります。 鹿島にしてみれば「冷水を浴びせられた」気分でしょうが、このまま風邪をひかずに残りの試合を戦えるかですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/255-42c1d6a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。