上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合の詳細結果はこちらから・・・・  TVリアルタイム観戦

 2週連続のNHK総合全国放送でしたね。 オフトの術中に嵌った試合を、最後の最後で「勝ち越しの1点」を奪った鹿島が優勝戦線の先頭に残りました。 先日の大分戦といい「勝負の掛かった面白い」試合でしたね。

 磐田が「絶対負けない」ゲームプランで臨んだろう為、先日の大分と同じようなゲームの始まり方でした。 しかし、磐田の2トップが大分より「機能的」「有効」で、攻守は一方的にはならず均衡した展開でした。 磐田は前田がためを作れること、ジウシーニョが鹿島の右サイドに徹底して飛び出し崩しを仕掛けたこと、からチャンスは出来るが何しろ人数が足りない。 鹿島のBKがゴール前で相手を見失うようなミスをしない限り(一度あったが)磐田に点が入る匂いはせず。 守りは、鈴木が「スイーパー」の5バック3MFで、ラインの上げ下げをしっかりやってスペースを与えず。 最後はボックス周辺に密集して鹿島のサイド崩し+チェンジというパターンにマンマークで我慢。 鹿島のボールホルダーには必ずボックス付近でダブルチームにいってましたね。 鹿島は前半いつもよりセンターへのロングボールが多いようでしたし、肝心な所でのミスやアイデア不足、強引さが目立ちました。 それでも野沢はじめ決定的チャンスが数度あり。 振って振ってスルーがやはり効果的。
 後半は、さてお互いどう出るかと思いましたが、磐田に攻める機会が少し増えた程度で膠着したまま推移。 鹿島は後半15分に田代を野沢に替えて3トップ。 さらに疲れた本山・中後に替えてマルシーニョ・増田を投入。 しかし真ん中にかたまり気味で密集戦に終始。 そして、残り10分はパワープレー。 鹿島に数回決定的チャンスがあり、田代が川口の飛んだ手の上から2本ヘディングシュートを飛ばすが枠に行かず。 ロスタイム4分も無くなってマルキーニョスが粘って取ったラストプレーの左コーナー付近からのFKを、増田が「早いタイミングで低く速いボール」を蹴りこんで、一歩前に出た岩政の頭に当ってゴール。 終了。

 磐田は、怪我人も多いようで、交替選手を中山・名波に頼らざるをえないようでは苦しいのでしょうが、オフトの「本日の試合」用ゲームプランと選手のパフォーマンスは、「何故この順位にいるの?」というチームですね。 一試合毎に「ちゃんと」やっていればこういう順位にはならないはずと思います。 これまでのチーム・監督・選手全体の「マネジメント意識」の問題でしょうね。
 鹿島も、小笠原・ダニーロが不在、磐田の「やり方」もミエミエ、変化を付ける選手が不足している中、「無策の策」ともいえるパワープレーで「勝ちきった」のは監督としては試合後の挨拶で「感極まる」のも分かります。 こういう強さって結構「無視されて」いるような気がします。

 川崎が4点も入れて得失点差を詰めていますし、二番手の名古屋は明日試合です。 名古屋がさしきるか? あと一試合ですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/276-2f109766
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。