上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 元旦のガンバ大阪の天皇杯決勝戦勝利で’08年度の日本サッカーは閉幕です (高校選手権がまだあるけれどカテゴリー違いということで・・・)。
ガンバ 1-0 柏レイソル の結果はこちらから・・・
 
 ガンバは単なるタイトル以上に、ACL出場という「連続性」が確保できたことに意義のある優勝でした。 存在意義が疑問視されかけた天皇杯ですが、ACLへの最後の切符争奪戦という新しい意味が今年のガンバの優勝でハッキリしました。 こうなると開催時期もJ閉幕後という今の時期がBESTということになりますね。

 今年の総括と言っても、鹿島が優勝したのでは「当たり前すぎて面白くない」わけで、鹿島優勝の要因は色々書かれていますが、他がだらしないのは間違いないことです。 ただ、夏場に千葉・名古屋と星を落とした後に、不振の田代とスピードの衰えが目立つ大岩を外して、興梠と伊野波にレギュラーを替えたことは、小笠原の不在対応以上に詰めの時点でのチーム造りという点で、監督の普通に上手い手腕だったと思っています。
 ’09年Jリーグは、鹿島の連覇にならないよう、特に日程に余裕のあるチームはがんばってくださいね。

 日本人を中心に’08年Jリーグ選抜チームを作ってみました。 余り試合をみていなのでベストイレブンではありませんので念のため。
GK:川口(磐田)
 代表も磐田でもパフォーマンス低下が顕著ですが、入替戦「ロスタイム顔セーブ」みたいな「球運」があるのでしょうね。
BK:阿部(浦和)
 自チームでも、代表でも何か「他人の尻拭い」みたいな役割、自分の良さを見失っているようで可哀想です。
BK:鈴木(磐田)
 鹿島戦で孤軍奮闘今や死語になった「スイーパー」をやってました。 かつて好きだったチームですが悲しいもんですね。
BK:田中マ(浦和)
 殆どBKとしてプレーしませんでしたね、今年は・・・。 チーム得点王?、水戸時代と同じか(笑)。
BK:長友(FC東京)
 3S(スピード・スタミナ・スピリット)という標語を思い出させてくれて楽しかったです。
MF:橋本(ガンバ)
 7,8年前に鹿島で見たときは、相手のかかとばかり追っかけてましたが、今や・・・。
MF:中村(名古屋)
 この人がいないと名古屋のサッカーは機能低下します。 ある意味遠藤・小笠原以上に替えが効かないかも。
MF:明神(ガンバ)
 やっぱり貴方は中村俊・中田英以上に日本サッカーの典型です。
FW:田中達(浦和)
 来年は代表の肝心な試合の時に怪我をしていないように、祈ってます。
FW:高原(浦和)
 皆、期待してるんですから・・・それだけです。
FW:柳沢(京都)
 もう一度貴方を代表に呼ぶとしたら、その監督の勇気を称えます。 あと50点は現役で取ってください。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/289-2a8c7e35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。