上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 チャンネル「NECO」さん「武侠ドラマ23」、金庸原著 (「雪山飛狐」+「飛狐外伝」)X「王晶(バリー・ウォン)改編!」 の 『雪山飛狐』が先週終わりましたね。

 「NECO」番組特集HPへのリンク   DVD発売元「MAXAM」HPへのリンク   「SINA」番組紹介HPへのリンク
 日本語wiki 「雪山飛狐」  「飛狐外伝」  中文のwiki 「雪山飛狐」  「飛狐外伝」 です。

 どうも今回のドラマについて、何かインタビューがあるようです。

・伝奇能 : ウアハハハ・・・俺が最後まで主役だとは、シナリオを見たときに驚いたがホントだったね(爆)。 最後「狐飛」の若造にヤラレたが、墓石に剣を隠すなんて、剣に毒を塗るより卑怯な手を使いやがって!。 でも、本当は「狐一等」が死んでなくて、アソコで墓の中から飛び出してくるかとビクビクしてたよ。 総監督は「ドッキリ」が好きだし、あの崖は墜ちても死なないからな。 毒は賞味期間切れだったし(爆)。
 何か「錨仁峰」が「お前に錨家剣法を教えるから、頼むから「寂藍」を「手篭X」にしないでくれ」って懇願してたが、その前に「伏」ちゃんにやられちゃったな。
 でも「楠藍」の娘、「寂藍」が全然母親に似てなくてね、眼の大きさが3倍くらい違うだろ(笑)。 いくら演技しろって言われても、子に親の面影がまったくないもん無理だわな・・・。 アソコはいいとこなのに・・・。 何だか中途半端な役だったな。
 
・延芝易 : 私が女主役と思ったら、なによ今度は! 中途半端な役で私の名声に傷がつくじゃない。 何であんな寒い所で10分以上もかけて死ななくちゃならないの! 私が「楠藍」と大人の「寂藍」を一人二役でやったほうがずっとリアルだったのに! で、あの「寂藍」役の子はって、次のドラマで主役なんでしょ。
 さすが、張Pは違うわね、真冬の海にホントに浸けるんだから、私にはお鉢は回ってこないでしょうけどね。
 4a40c
・錨寂藍 : 「雪山飛胡」、あああれね(笑)。 いま撮影で忙しいので・・・って、もう忘れちゃった(爆)。

・錨仁峰 : 俺は怒ってるぞ! なんだ苗人鳳だってから、愚直で不器用でも仁義にたけ男気がある良い役かと思ったら、何だこの中途半端さは! せっかくあのもじゃもじゃ頭に耐えたのに! もう古装・武侠には出ないぞ、元々現代劇黒社会が得意なんだぜ。 こんなのとか こんな映画に出てたのはナイショナイショ(笑)。 そうだ、次に武侠ものに出るときは「段正淳」がいいな(爆) でも3級片仲間の黄秋生先輩は何で早く死んじゃったのだろうね。 ギャラでもめたかな?(笑)

・鄭麗蘇 : あああ。このドラマが多分最後の役ね。 もう芸能界は疲れたわ・・・。 でも中途半端な役だったわ・・・。 こんな映画みたく「スカッ」と・・・あいつ七心海棠の粉をぶっ掛けてやればよかったわ!。

 出演者の皆様も色々言いたいことがあるようで、この辺に「どうしたら面白くなったか?」があるようです。 誰か忘れてないかって? え 「狐飛」??、 そんな役居たの???

 来週から『鹿鼎記』です。 武侠というより、古装コメディと思ったほうが良いと想いますが、さあどうなりますやら・・・。 中途半端はやめて笑わせる所、泣かせる所、武闘場面、ビシッと決めてほしいですね。 まあ、お話は「アリエナイ」ばかばなしですから・・・(笑)。 でも、予習はじっくりしております。
 NECO番組HP   SINA紹介HP   日本語wiki『鹿鼎記』   中文wiki『鹿鼎記』 
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/307-3332b6f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。