上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 バーレーンのアウェーゲームで、『それじゃ絶対「悪い試合」』になるよ・・・というメンバー構成で、見事相手の策に嵌ったらしく(みていなので推定)、結果負けた日本代表ですが、さて今夜は『豪州戦の準備試合としてどうだったのでしょうか?』 という点が見所のはずです(が・・・)。
 この試合は、日本が役割としてバランスの良いメンバーで始めたこと、相手が普通にラインの4バックで大した手も打ってこなかったことから、実力どおりの点差がついた前半で、本当のテストにはあまりならなかったですネ。
 ゲームメイクという点で、遠藤がはいって憲剛を前目においたことで「走り過ぎない」「縦に慌てない」という効果がでた、走りこむタイプが岡崎だけになって、彼の為のスペースが出来て、結果シュートが入った、ということでしょうか。 あの3点をオーストラリアは簡単にくれないでしょうが、もう少し3人目の動きとの連動が出てくれば効果が上がります。
 後半開始早々、田中マが、無用なバックラインから縦のフィードと、上がり居残りをみせてCKを取られ、あっけなく失点。 自らペースを悪くしてますね。 どういう想定で後半に入ったのでしょう? 田中マに安易にあのプレーをさせるなら外すべきです。 と書いたら田中マ交替だ(笑)。
 日本もCKから追加点をいれ、ゲームは落ち着いてきました。 内田OUT、あまり見せたくないのか(笑)。 順に交替し、さらにまったりしてきて終了。

 豪州としては、まずどう日本の右サイド:内田・中村俊ラインの機能を殺すか・・・になるんでしょうが、下手に内田の裏なんて考えると、カタールのように、取られた所から良いボールを前線にフィードされるリスク在り。 リスクある差し違えより、人をあててかつボールも行かないようにするのが一番だがさてどうするか。 一方日本は、右サイドを殺されても、遠藤と多分中村俊がポジションチェンジして出てくる左サイドが機能すればいいわけで、流れをみたゲームメイクは出来るでしょう。 豪州が前目のプレスにきたり、遠藤までマークされたときは、無用なロングフィードをせず、地上戦で肉弾戦になっても我慢して、ペナルティエリアの角から崩すチャンスを作れるか・・・の辛抱ですね。
 日本のメンバーはカタール戦から、寺田の替わりに田中マが入って、田中達の体調次第で岡崎を使うのでしょうが、機能的には同じでしょう。 日本云々より、シーズン真っ盛りの欧州から来る豪州の試合へのスタンス・入り方に興味があります。 リスク回避か、勝ちに来るか?
 日本はパワープレイでやられるのはやむを得ずで、必ず1点はとられるだろうから(笑)、どう2点取るかですね。 監督の妙な自信と錯覚がどう結果とでるか、色々と楽しみです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/310-06c86db9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。