上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あさってはゼロックスカップですね。 鹿島-ガンバという多分総合力でJリーグの1,2のチームですし、仕上がり具合が楽しみです。 その1から続きます。
 
 「守備が問題だ」と書いたその1ですが、なぜそうなっているか?と言えば、「守備を整備するつもりが今のところ無い」からだと思います。 今程度で予選は勝ち抜けるとふんでいるのでしょう。 それは、『「バランス」とか「マイナス部分」を無視した、「良さの最大化は悪さを消す」(筈)』(カタール戦前の記事参照)の『アバウトな要求事項」と「出来なくてもいいこと(これが肝心)」を整理した、「役割」分担』(オーストラリア戦前の記事参照)が、現状だからです。 本大会前にどう修正するのでしょうかね。

 さて、「憂い」。 色々原稿を捻ったのですが、これだけは書いておきます。
 今心配なのは、オーストラリア戦での印象が、今後「いかにもこじんまりとまとまって」」しまいそうな印象があるゆえです。
 攻撃というフェーズで『エリア内でこそ能力を発揮するFW』を置かない(居ない)現状では、残りのメンバーでこの役割を何とかするしかありません。 特に、現状のように「崩し」に人数を掛け、攻めの潰れ役・守りの追い回し役になっているFW陣にそう多くの期待は出来ません。 MFも含めた多人数、特に中村俊・遠藤の二人が今の役割に加え「ゴール前に飛び出す」という機能を「やるべきこと」としてピッチに立ってもらわなくては、ホントに「パスは繋がるが点を取る気がない」お遊びサッカーで終わります。 ポリバレントというような言葉以前に、決定機には必ず二人のうち一人がゴール前に居ないと・・・。 今の「役割」を超えたプレーを意識的にすること、「精度・熟成」以前の問題です。
 オーストラリア戦後、このような意識を中村俊・遠藤も「コメント」していますが、「私がその役をやる」とは言っていません。 他のメンバーも然り・・・、それが「問題」です。
 彼らから、評論家のようなコメントではなく、「俺がやるんだ」「俺が決めなかったから勝てなかった」そういうコメントが出てこないと・・・、只の「良いサッカー」で終わってしまいます。 この課題は前監督もこの雑誌のインタビューでコメントしていました。 世界の目が日本人選手に「欠けている」と感じ、「魅力を感じない」のはこの辺ではないでしょうか・・・。
 そして、この二人に、いや日本人選手に「決まった役割+αの責任」を何を「インセンティブ」とし、如何にこれを意識させるかが課題だと想います。 ゲームで身に沁みるのが効果的ですが、今の「練習試合」の相手ではいかがかと・・・。 今度のチリ・ベルギーという相手はまあ骨がありそうですが、いっその事、3位に墜ちてプレーオフに廻り阿鼻叫喚まみれになるのも一考かと・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/335-2fa4b64b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。