上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 他の3チームが快勝したのに、鹿島だけ敗戦というか惨敗!。 内弁慶などと又叩かれるでしょうが、この点差とスタッツが実力ですな。 
 なんでこんな弱いチームがJリーグ2連覇したんでしょ? 鹿島の「悪い」処がはっきりした試合ですね。 他の日本のチームがやった相手と当っても「勝てない」と想います。
 水原は個人能力も高く、チーム戦術もはっきりして、決めるべき処でゴールを奪える、シンプルに強い「韓国らしい」チームです。 アジアでは何処とやっても「強い」でしょう。

 ・立ち上がりはお互いに様子見で自分達のプレーをしようという雰囲気。
 ・鹿島はまず動く2トップの足元に縦に入れ、サイドを基点に細かいプレーで崩そうとする。
 ・水原はトップに当てて展開か、サイドをタテに走らせるかだが、無理をせず中盤で上手く繋ぐ。 鹿島の「速攻」だけはさせないぞと言う雰囲気だが、3バックが結構浅く裏が危なそうだが、中盤のコンパクトさ優先か。
 ・水原は、数回鹿島にチャンスを作られた「サイド」を警戒したのか、浅い3バックを4バック気味に替え、ラインを引き気味にハーフライン後ろからコンパクトにスペースを埋める。 鹿島対策の模範ですね。
 ・鹿島は、水戸・ガンバ戦でも感じたが、遅攻のビルドアップがうまくいかない。 クサビ・崩す動きやパスの早さが無く全く機能せず沈滞気味。 兎に角3人目4人目の運動量と、人とボールの速さの変化がない。
 ・水原は局地戦に追い込み、強く当りミスパスをさそう、そして、ミドルパスで左外を上手く使ったカウンターを狙う。 「内田の裏」ですね。
 ・鹿島は最初こそ足元のパスで、チャンスが出来たが、こぼれ球への出足・玉際の当り・縦への速さで負けだし、途中からまったく攻めにならない。 前半40分くらいから水原が前に来だし、FKのこぼれ球を決められる。 更にすぐ中盤で奪われたボールを左外に展開、クロスを大外から来た9番に決められる。 絵に描いたようなカウンター・・・。
 ・後半は一方的水原ペースではじまる。 20分過ぎに田代・小笠原を入れペースを掴み、シュートチャンスがあるが決めきれず。
 ・どうなるかと想いつつ、水原の余裕のカウンターを二発も食らい終戦。 意地で一点返すがここまで。
 ・パススピード、フリーランの質と量の醜さ。 野沢と本山の弱さ、ダニーロの遅さは致命的。 チームとしての「精神的弱さ」を感じますね。 そして、勝負弱いね・・・鹿島。

 この試合は、「たまたま上手くいかなかった」のではなく、構造的な鹿島の弱点です。 鹿島のやり方・強み・弱みは、日本全国どころか東アジア中でご承知。 これを超えられないのが厳しい処。 昨年も、新潟や神戸に厳しく守られて苦戦したし、FC東京のタテに早いサイド攻撃に撃沈している。
 ガンバの自滅と、浦和の未完成に助けられたJ開幕で、世間の「最強」「完成度」・え??・・と思ってました。 こんな低いレベルの完成度なら早く捨てたほうがいい。
 チームが結果オーライで「天狗」になっていたわけではないでしょうし、日本人得意の「自分のサッカーが出来たか?」にこだわっているとも思えませんが、次は、開幕戦でキチット守って外国人の決定力を見せ付けた新潟です。 かなり気合を入れて修正しないとまずいですよ・・・。 といっても「指導者型」ではなく、「指揮官」型の監督なので、どうしますか・・・新潟のアウェー戦は見ものです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/342-125128ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。