上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合の詳細結果はこちらから・・・   TVリアルタイム観戦
 水原戦の惨敗から中3日でどう持ち直すかの鹿島だったが、開始早々、新潟が右サイドFKから矢野が頭で角度を変えてファーポストへ流し込むファインゴールで先制。 これで攻めなくてはいけない鹿島がどう立て直すか見ものだったが、更に伊野波がトラップ凡ミスをM.リシャルデスが奪い、左サイドを駆け上がったP.ジュニオールが流し込んであっという間の2点。 「どうした鹿島!」と言いたくなる最悪の立ち上がり。
 新潟は、昨年までと違い、右から矢野・大島・P.ジュニオール3人のFWが並び、その下にM.リシャルデス。 4-2-3-1/4-3-3といった並び。 鹿島の両SBは矢野とP.ジュニオールが戻ってきちんとみている。 そして、ハーフライン後ろでタイトについて奪ったら大島に当てるか、サイドへ振る、M.リシャルデスが繋ぐ、と言う展開。 ミドルパス・クロスを多用し展開が大きい。 FC東京戦もそうだったが、高さがありセットプレーも武器。 前半のならびは下記
新潟鹿島1
 2点を先行した新潟は、水原の後半と同じく後ろから守備ブロックをきちんと造って、鹿島のサイドに流れるFWやOMFへのクサビパスに対応し、仕掛けのポイントを作らせない。 そして大島へのロングボールとM.リシャルデス・松下の飛び出し、SBの上がりなど速く・大きな展開で有効な攻めを造る。 CK・矢野のボレーと決定的チャンスは新潟が多い。 鹿島は不甲斐ない展開にマルキーニョスが怒りチャージ。 鹿島は局面の上手さはあっても、兎に角「形」が出来ず「怖さ」がない。

 そして鹿島は後半から大きな「手」を打ってきた。 興梠に替えて田代 新井場に替えて小笠原 を入れ、ならびを3-5-2(2-6-2)にし、開始早々中盤を人数で完全支配。 立て続けに際どいシュート・CKのチャンスを迎えるが新潟が何とかしのぐ。 後半の並びは下記。
新潟鹿島2
 小笠原のゲームメイクとターゲット田代が機能し、鹿島が中盤を完全に支配。 新潟は圧迫され足も止まり一方的に押し捲られる。 新潟も両CB中心に耐え、P.ジュニオールをトップに置きお任せカウンターを狙うがボールが繋がらない。
 後半25分に、鹿島は本山に替え大迫、新潟は大島に替えチョ・ヨンチョル。 鹿島も中盤がポジションチェンジし崩そうとするが、「押し込み過ぎ」でスペースが無くサイドからクロスを上げるだけ、いまひとつ決定的チャンスまでいかない。 穴を造らず走り頑張った新潟が、ポストも味方につけ鹿島を終了間際の岩政のヘディングの1点に押さえ逃げ切る。

 新潟は、ハードワーク+ブラジル人能力でチームとしてのバランス・形は良い。 けが人が出ず今のメンバーなら結構いいところに行くのでは・・・。
 鹿島は、出足で2点を失い後半で「アガイ」たものの水原に続き敗戦。 水曜にはACL上海戦があり、これを落とすようだとACL予選敗退もある。 というか、今の状態では、質の悪いパスサッカーの「只の」チーム。 特に中盤のプレスを飛ばされ、遅攻にさせられ、守られたときの「攻めて」が無く、苦しい状態。 一昨年の開幕・昨年の中盤など勝てない時と同じです。 後半の頑張りを見れば、試合への入り方、ゲームの進め方、など気持ちの点。 戦術的にはトップに田代を使い3トップ1DMFとかのバリエーション、中盤の選手入れ替え・・・など、耐えて修正というか造り直しが必要ですね。

3/16追:後半終了間際のマルキーニョスのファウルは醜いね、試合中は下のフォメーションお絵かきをしていたので、あまり気にしませんでしたが・・・。 一度警告もらってるにかかわらずですから、あんな「キレ」たプレーをするようではチーム状態が良くない証拠。
 小笠原が出たがるのも、何か先発メンバーのチームに「足りなさ」を感じているからでしょう。 上昇には長い時間掛かりそうですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/344-45052c0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。