上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 そろそろ皇宮を飛び出してあの方のいる処へ・・・、と思いきや、今回も「中」のお話でしたね。 と言っても、皇太后様のお住まい「慈寧宮」は何なんでしょ。 華夷変態ならぬ、まるで「もののけ姫の館」!
  「もののけ1号:皇太后」 秘密を知られた皇太后は小宝を自分の部下にして、「抹殺」してしまおうとしますが、小宝も然る者「サンザシ」売りの喩でけん制します。
cap221
 いや、康熙帝と応対する時の表情とその後でエライ違いますね。 顔で爪を研いでますがそんなに「面の皮は硬い」のでしょうか(笑)。 いたぶられる小宝を嘲笑する表情もなかなかです。 どうも只の皇太后では無いのですが・・・。

 「もののけ2号:柳燕ちゃん」  こういう体型の方がお好みの男子がいまして「デブ専」といいますが、さらに加えて「M」の小宝くんです(爆)。
cap231

 「もののけ3号:極めつけ「女装愛好者」炳春!。 いくら変装とはいえ夜ですから「化粧」する必要は?・・・(笑)
cap240
 そう途中で天地会と沐王府の「手打ち式」で「駟馬に及ばず」という話に小宝は「ボケ」てましたが、こんな役をやると、本人は「仕事」のつもりでも、私生活も女装趣味と言われかねませんね。

 というわけで、太監姿の方がずっと可愛い沐王府のお嬢様方。 陳蛇主と一戦交え消えてしまった「李西華」や、突然現れた「謎の官女」と、物語の伏線は大体引き終わったので、早く展開してくださいね。
cap239 cap243
 ウダウダした話では段々眠くなってしまいます。

 NECO番組HP   SINA紹介HP   日本語wiki『鹿鼎記』   中文wiki『鹿鼎記』 
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/345-aa897c4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。