上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果の詳細はこちらから・・・・   スポナビACL特集   J’sGOAL ACL特集  TVリアルタイム観戦

 ここまできたら、内容よりも先ず結果が欲しい鹿島。 スタメン変更は報道されていたものの、DMFに小笠原、左SBにパクを入れ、トップには興梠に替えてなんと大迫。 大迫の起用は、奇手ではなく高さの田代より、足元と動きを期待しての起用でしょうが、まあ「カンフル」と「ツキ」を手繰り寄せられればというオズワルドの気持ちもあるでしょうね。
 上海は予想通り1トップを残して4-1-4ラインを後ろ目コンパクトに引いて待ち受ける形で、奪ってチャンスあればトップと両翼でお任せカウンター。 鹿島も試合立ち上がりは慎重さが優先し中々無理には攻め込まない。 大迫はトップに位置し、マルキが前後左右に動きボールを触るが、何せ野沢・ダニーロに「無駄を覚悟」でスペースを作ろうとする動きが少ないので展開は膠着。 まあ、アレだけ隙間無くスペースを埋められるとそう効果ある攻撃は出来ませんね。
 30分くらいから上海も少々前へ出てきて、サイドからのクロスにドンピシャヘッドで、あわやというチャンスがあったが続かず。 そして前半はこのままか・・・という残り数分、ハーフライン付近の青木から引いてきた大迫へクサビが通り、ワントラップで左を走る野沢へスルーパス、野沢の浮かしたシュートがキーパーの上を抜いて先取点。 鹿島十八番の蜂の一刺し・・・で前半終了。

 後半立ち上がりから鹿島がペースを上げる。 青木の長いサイドへの走りこみが目立ち、動きが「先手」になって、相手サイドでのトライアングルのパスが繋がりだす。 上海も攻めの意識が強くなり、ラインが前目になり、お互いに使えるスペースが出来てくる。 鹿島両SBが上がるスペースも出来だし、高い位置でのサイドチェンジが出来るようになり、あとはエリア角など最後の崩しだがそこは上海も頑張ってやらせない。 中盤で「こづきあい」合戦も頻発し、これには一日の長のある鹿島、上海に退場者がでる。 カンフーサッカーの雰囲気。 鹿島ももう少し強気で仕掛けても良いかと思うが妙に慎重な展開。
 さて、このままかとおもいきや、後半30分過ぎ左サイドでパク(ビデオを見たら伊野波からのパスでした:修正)から、ラインギリギリの縦パスがマルキに通る。 二歩下がってマイナスパスコースを造ったフリーの大迫がグラウンダーのクロスをダイレクトに蹴ってゴール。 オズワルドの賭けの勝ちか・・・。 上海は戦意喪失、組織的動きは無くなり、鹿島は小笠原先頭に、パク、交替の増田、青木、内田が走り続け、何度か例のハイパーカウンターを見せるが決めきれず、・・・終了。

 前半終了間際の先取点が全てでした。 意図的にペースを上げず、リスクを押さえ「スキあらば」に徹させた小笠原は流石。 好みの問題ですが、こういったコントロールが出来るのが彼らしいところです。 これで後半の試合の流れが決まってしまい、鹿島型になって「いつもの良さ」が出ました。 前半の、上海の引きこもり、超スローペースは、Jや水原はじめACLの上位チーム相手では有り得ないことと思いますが、今日は先ずは結果が出たので良し、でしょう。 もう少し膠着したポゼッションからの崩しの工夫が必要でしょうね。
 マスコミは1ゴール1アシストの大迫祭りになるのでしょうね。 次は中3日でホーム広島戦です。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/347-a7c1dd40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。