上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 神雕侠侶の達尓巴(ダルパ)くん 転生して今回は行痴のガードマン、『行颠』ですね。 次回の「倚天屠龍記」に説不得で登場しますが、
gyousi01
 daruba01 setuhutoku01

 実は七たび生まれ変わって今は大相撲の「山本山」? で国技館とテレビ桟敷のアイドルとなtっておりまする(笑)。
yamamotoyama04 yamamotoyama03 
 「山本山龍太」、歴代日本人最重量力士で、身長191cm、体重255kg(普通の人の4倍、小生の2倍!(笑))。 まあ、本名「山本」と言う力士が、よくある四股名の「XX山」に当てはめ「山本山」と名乗ろうと思い、「いやそれはいかにも・・・」と思い直したはずですが・・・・思い切ったもんです。 これくらいがネタだったんですが、なんと先日の春場所で珍事を起こしてくれました。 「まわしがズレテお尻丸見え」!
 動画はこちらから・・・・  取り組みは2分くらいから・・・妙にアナと北の富士解説者が冷静(笑)
yamamotoyama01

 かつての昭和フォークソングの「怪作」 なぎらけんいち「悲惨な戦い」ほどではなかったようですが・・・(爆) この曲の簡単なエピソードはwikiで、  歌詞は続きで・・・・

私はかつてあの様な 悲惨な光景を見たことがない
それは10年以上も前の 国技館の話です

片や巨貫の雷電と 片や地獄の料理人若秩父が
両者見合って待ったなし ガップリ四つに組んだその額からは
玉の様な汗がダラリンコンと流れだして来て
若秩父のマワシをしめ出すのだった

このしめったマワシがいずれ あの不幸な事件を巻き起こすとは誰しも
あの 世にも恐ろしい戦いになるとは 誰しも思わなかったのだ

全く引力とは恐ろしいもので 
地上に浮いている物は 下へおっこちてしまうのだから
アレヨアレヨと思う間に若秩父のマワシは 落ちた

さすが天下のNHK すぐにテレビカメラを消せと命じたが
折りも悪くもアルバイトを使っていた為に アップで放映してしまったのだ

ラジオのアナウンサーが又、アナウンサーで
テレビを見てない人にはわからないものを
すぐにお近くのテレビのスイッチをひねって下さい等と言ったものだから
見なくてもいい人まで見てしまったのだ

さすが天下の国技館 すぐに照明を消せと命じたが
折りも悪くもパートタイムをつかっていた為に 
スポットライトをあててしまったのだ

全く全国3万人の相撲ファンの皆様は 意外な事実を知ったのだ
でっかい身体にゃちいさな●●●がつき物だと
そういう事実を知ってしまったのだ

さすが木村庄三郎
あの ソウ うちわみたいなヤツでかくそうとしてやったが
彼も非常に興奮していたもので
股間をイヤという程 軍配でなぐりつけてしまったのだ

その時彼の脳裏には 一つの言葉しか浮かばなかった
その時彼の頭の中には 一つの言葉しか浮かばなかった

何か身体をささえる物はありませんか 何かつかむ物はありませんか
何かつかむ物はありませんかと 目をこらして見たら
目の前にあった

私はかつてあの様な 悲惨な光景をみたことがない
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/355-c3185126
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。