上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果の詳細はこちらから・・・    鹿島スタジアム生観戦
 某国のロケット発射予告で航空路線が変更になり、ひっきりなしに上空を旅客機が飛ぶ鹿島スタジアムは春うらら・・・。

 京都は柳沢・パウリーニョがけがで欠場。 よって、京都は新潟・広島に続き「覚悟の上の守りサッカー」、ディエゴを絡めてカウンターがミエミエの予想。 4バックというか4ストッパーが待ち構えて、中盤は3人がチェイシングで良い展開をさせないぞ・・・という入り方。 
 鹿島はマルキーニョス・本山がよく動いてポイントを造って攻めるが、中は李と水本が押さえ、内田サイドは染谷・渡辺がスペースを造らせず、左の林のサイドは少々甘くパクからいいボールが出るも最後の分厚い守備を破れず。 CKからゴールと思ったが、相変らず「ファールの基準がぶれて信頼をなくす」岡田主審がその前のプレーでファウルを取ってノーゴール。
 一方京都は兎に角、豊田の頭狙いの一本調子でディエゴも殆ど機能せず。 徹底してリアクション・ノーリスク、ポゼッションなどする気もなし。 よって鹿島が常にペースを握ってせめるが、まあ加藤久さんの思惑通りか・・・。

 後半立ち上がりから、小笠原が行動範囲を広げより多く崩しに絡んできたので、前半よりチャンスらしきものが多くなるが、決定機には至らず。 そして、鹿島は本山に替え興梠をいれ3トップ気味にしより攻めようとした所で、右サイド深い位置で内田がつまらないパスミス。 京都はこれを逃さず、繋いでトップの豊田にあててこぼれた所を丁度走りこんだディエゴがゴール。 この試合結唯一の決定機で思惑通り先行。 すかさず林を増嶋にかえ逃げ切り体制。
 これで鹿島も火がついたか、この日全く不調の伊野波に替え新井場を入れ、岩政・青木2CBで両サイドを高くあげ囲い込み体制。 2-2-3-3ですね。 ビルドアップ・戦術的には機能しない大迫に替え佐々木を入れる。 この辺の布陣の変化は下図で・・・。
kasimakyouto1
 流石京都も足が止まり押し込まれっぱなし。 トップに豊田・ディエゴを残し、中盤は放棄でゴール前にへばり付く。 残り10分でチェックに走り回っていた佐藤が2度目の警告で退場。 ファールの質としては両方ともたいしたことはないのだが・・・。 そして、ディエゴを引っ込める。 これで、中盤のチェックに続き前方の脅威もなくなりあとは鹿島の「詰めサッカー」の15分間。 
 何度もサイドチェンジされ、とうとう大外で待っていた佐々木をフリーにしてしまい同点。 さらに、右サイドで野沢が、クロスとみせ内へ切り込み一瞬空いたシュートコースで無回転ミドル。 キーパーがはじいた所には3,4人詰めていて興梠が押し込み、前節に続いて終了間際の決勝ゴール。 ロスタイム残りは興梠がSBにまで戻って・・・・終了。 詰めきってしまいました。

 鹿島もシーズン当初の連敗からか、慎重に試合を「造る」のはわかるが、「勝ち味」が遅い。 中2日でACLアウェーのシンガポール戦ですが、最初からガツガツ行って欲しいですね。
 京都はもう少しディエゴに効果的に働いてもらうような修正が必要ですね。 豊田も90分間岩政とガチンコ空中戦を続けたが、有効なボールは出せずでしたが、お互いひじ打ち含め結構やり合って倒れるシーンが多くそれもまた一興でした。 試合前の練習で京都のCBが秋田コーチのロングボールをヘディングで跳ね返す練習をしていました。 ヘディング命・秋田さん相変らずですが、今日は悔しいでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/357-0bf3650f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。