上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿鼎記 二人の皇太后鹿鼎記 二人の皇太后
(2003/11/15)
金 庸

商品詳細を見る

 というわけで、絶世の美人とされている陳阿珂様の御登場ですねえ。
 aka01
 この単行本第三巻の表紙の絵がそうだと想います。 何処かで視たけど思い出せない表情なのですが、これはなんとなくイメージが合うのです。 しかしねえ・・・
f48b971df2
 どうもこの女優さん「生理的に合いません」ねえ・・・北京朝陽区にあるクラブ「鹿鼎」のちーママって感じ。 そんな彼女に、少林寺に軟禁され「溜まっていた」小宝は、ベタ惚れ・偏執狂的ストーカーになってしまうのですがねえ。
 で、「陳」という苗字をNECOさんもばらしてるんで、書いちゃいますと、彼女は「陳円円」と「呉三桂」の娘で、実は「李自成」が種ではないかという疑惑があり、「長平公主(九難)」を師として、鄭成功の孫の許婚・・・という「超セレブ(笑)」なんですねえ・・・。 さすが金庸先生、皇太后に続いてよく考えますなあ・・・はい、読んでしまった方ネタばれ残念でした!
 まるで、清初のパリスヒルトン?(爆)!ですか・・・。 ということは、「名前・みてくれと中身」は「裏表」ってこと?。 或いは、小宝は女性に関しては「まるでみる目が無い」ってこと??。 思いっきり「不細工な」キャスティングをすれば面白いのにと想いますよ、サンドラ・ン姐さんとか、小宝ママとの二役とか(爆)

  NECO番組HP   SINA紹介HP   日本語wiki『鹿鼎記』   中文wiki『鹿鼎記』 
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/361-badc81f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。