上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前紹介した「長江哀歌」(三峡好人)に続くジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の劇場映画です。 是非みたい映画です。 「サーチナ」の記事を引用します。 50年という時間が気なります。 是非順次公開してくださいね・・・。


 『四川のうた』若き巨匠の中国映画、日本公開
【エンタメニュース】 【この記事に対するコメント】 Y! 2009/04/17(金) 20:08
中国映画界の若き巨匠、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督の最新作『四川のうた(原題:二十四城記)』が18日から東京・渋谷のユーロスペースで上映され、順次、全国で公開となる。
賈監督は2006年、ダムに沈む長江・三峡の人々の姿を描いた『長江哀歌』でベネチア国際映画祭のグランプリを受賞した。
今作『四川のうた』では、50年の歴史に幕を下ろすことになった巨大国営工場をめぐって、そこに働いた人々の思い出から、大躍進政策や文化大革命、天安門事件といった中国の大きなうねりをひも解いていく。古典詩や時代を切り取る流行歌、現代音楽を散りばめた叙事詩のようなこの作品は、すでに中国とフランスでヒットを収めている。
  映画の舞台となったのは、大地震が起こる直前の四川省成都だった。賈監督はカンヌ映画祭のために訪れたフランスで震災を知り、重い気持ちで迎えたプレス記者会見で、マスコミやスタッフ、出演者らに黙祷を呼びかけた。また、義援金15万元(約218万円)を四川の被災地に寄付したり、上海、広東省広州、北京と成都の四都市でチャリティー上映を開催。日本でも公開劇場のユーロスペースで、「がんばろう四川」の募金キャンペーンを実施することが決まっている。(編集担当:恩田有紀)


sisennnouta01 sisennnouta02 sisennouta01


SINA紹介HP  日本の公式HPはこちら・・・  ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督のプロフィール
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/362-6b2a3650
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。