上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まず鹿島戦から、流石中澤・・・という試合。 大迫を「アシラい」、興梠を「ガツンと押さえ」、マルキは「肝心な処で好きにやらせず」でした。 カバー役に廻った松田の存在も大きいでしょう。
 横浜は361というか、ゼロトップで狩野を所謂トップ下(最前列)において後ろから山瀬・渡辺+アウトサイドがスピードに乗って上がろう・・というやり方。 中盤にやたらに横浜の人がいるので、後半途中までは主に横浜ペースで、2度程決定的チャンスが出来た。 が、残り20分は監督が「BKラインを高く保て」という指示をしても、やはり完全に息切れ、鹿島のポゼッションになすすべ無し。
 鹿島もここ3試合は勝ちを「奪い取った」だけのような試合だったが、今日は点は無くも逆にあの手この手の攻めは楽しかったです。 新井場を疲れの見える内田に替え、横浜ウイークサイドの「右」の仕掛けに使い有効にだったり、青木は相変らず運動量豊富で、質も相手の小椋と比べ格段に良いので、ああいうポゼッションが出来るんでしょう。 DMFは「相手のケツを追っ掛けているだけ」ではダメですな。 終了間際の青木のミドルシュートは榎本がよく中途半端な「コボシ」をせずたたき出し、新井場のクロスからマルキのヘッドが外れて終了。 こうなると田代どうしたと言いたくなります。

 さて夜は今年は注目してみている浦和戦。 兎に角日本で一番客を集めるチームが、「視て楽しい」サッカーをすべきなのは使命で、やっとそういう流れになってきましたね。 選手も楽しそうですし、ポンテが嬉々としてサッカーしてますね、若い二人と気持ちを共有してます。
 浦和のパスサッカーは、「基本の基本」で何の驚きも無いのですが、技術と戦術眼がしっかりした選手達が、共通意識で確信的にプレーすればそれは上手くいきますね。
 誰かの謳い文句ではないですが、密集・連続・展開が教科書どおりです。 パスミスやボールロストしても「密集」が出来ているので、ファーストチェックに入りやすく攻守の切り替えが上手くいきやすい。 また、横展開の仕掛けに入ったら捨て攻めでも切ってしまう。 この点ですね。 今日の特長は阿部がDMFに徹さず、多分京都の4・4守備ブロックのギャップをつくための役目でしょうが、京都FW2人には2CB+鈴木の3人でいいと、フリーマン的に動き回ったことです。 こういった役割の徹底はドイツらしいですね。
 京都も耐えて耐えて後半20分くらいから反撃に入ったが、サイドアタッカーの技量不足で良いクロスが上がらず。 浦和も後半30分には完全に息切れ・・・何かACL疲れの鹿島をみている様・・・ボールキープも含め・・・。 まあ、何と言っても勝利という結果が残っているのは流石です。

 浦和が2位ですね。 ポンテ・阿部という軸の選手が怪我した時、内容に比べ、まだどんな形でもいいから点が少ない、ボールは疲れないのだからそんな時間を作るべき、誰かゴールゲッターの覚醒(高原は?)・・・など課題というかハードルがありますが、上は鹿島ですからそのうちペースダウンするでしょう。 今は「浦和」ってどんなサッカーやるんだ?と相手が様子見しているうちに先に点を取って逃げ切る、という感じですが、多分ACLの無い浦和が後半戦ぶっちぎりで優勝でしょうね。
 混戦Jリーグ優勝チームの「勝点奪取率」(奪取勝点/(試合数X3))は、65%くらいですから3勝1分1敗(10/15=67%)のペースで十分です。 まあ先はまだ長いですから・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/363-ed195247
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。