上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 連休中はリアルタイムで試合を見られず、最近録画を見たものも含め簡潔に。
・ACL 
 5/5 鹿島3-0水原  結果はこちらから・・・   スポナビACL特集
 鹿島の実力から比較しても、今の韓国Kリーグのレベルってかなり低いのではないでしょうか? 外国人FWのいない水原の攻撃は、怖さが無い(これはJも同じだが、Jは創意がまだある)。 DFは「教科書・指示」どおり機能しているが、鹿島の簡単な仕掛けで崩れ、かつての嫌らしさ粘りが無い。
 Jリーグのアジア枠で、日本へ選手が流失すると、ACLの東地区はこんな掟破り作戦以外、Jのチームより上位にいける事はなくなりそうですね。 逆にJは、「頑張りどころ」のポジションに韓国系の選手を上手く使う、のが勝ち抜きのキーになりそうです。 磐田のイ・グノなんて「何でああいう選手が日本には居ないんだ」と想いますね。

・Jリーグ
 5/2 千葉0-2鹿島  試合結果はこちらから・・・
 5/9 鹿島2-1清水  試合結果はこちらから・・・
 5/16 柏1-2鹿島  試合結果はこちらから・・・
 強さを魅せながら3点目が取れずに、苦しい展開の試合になり、相手チームに妙な「期待」を与えてしまう最近の鹿島だが、結局結果はきちんと残している。 「後半は(前半は)自分達のサッカーが出来た」とかいう自己満足から抜けられない他チームさん・・・これじゃいけませんよ(笑)。 鹿島は、今の結果は実力からして「MAX」のものでしょうが、中途半端に満足せず柏戦などはもっと「反省」しないと・・・。

 5/5 浦和2-3川崎  試合結果はこちらから・・・
 5/16 浦和0-0ガンバ大阪  試合結果はこちらから・・・
 浦和も普通のサッカーが出来るのは判ったので、次のステップを考えないと面白くないですね。 無粋に1-0で勝点を積み上げたのが錯覚だったとならないうちに・・・。 田中マのバランスを崩す「上がり」がないと点が入らない、しかしカウンタを食らう。 このパターンを打破しないと結局「ポンテと田中マありき」になります。 DMF二人の活性化がキーだと想います。 遠藤・小笠原がやっているように、ポンテを下がり目から使って、田中達(今はけがだが)のようなプレーヤーを前で使うべきと想います。 そうすると、ハーフウエーでの密集ビルドアップと裏狙いのバランスが取れそうです。
 Jの両雄が「同じスタイルに収束」するのは、ある面では「好い」ことですが、面白みには掛けますね。 そういう点で川崎は貴重なチームです。 よくアレだけブラジル人の攻撃タレントを見つけて使いこなすもんですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/381-313c5d08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。