上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Jリーグ13節 ガンバ大阪 0-1 鹿島 試合の詳細はこちらから・・・・  TV録画観戦

 前半15分過ぎに、小笠原に替わって先発した中田が、昔からの芸風である「人知れずファーポストに上がってごっつあんゴール」を決め、そのまま見事に逃げ切りです。
 試合内容は、ガンバ対鹿島というJ屈指の「テクニカル・タクティカル」に長けたチームどおしが、「コレクティブ」に「コミュニケーション」をとりあっての一戦。 一見マッタリした、しかし神経戦の展開。 お互い何処が違うか?といえば、ジョニー・トーとピーター・チャンの違いみたいなもんですかね。 そうその後、ジョン・ウーの出来損ない映画みたいな試合を某チームがやってましたね(笑)。

 互いにキープレーヤー、レアンドロのいないガンバ、小笠原、興梠のいない鹿島でした。 ガンバは、手を替え、品を替え、で点を取りにきたのですが、結果が出ませんでした。 前半から、遠藤のポジショニング、使うパス、使われる動きなど「小細工」は流石でしたがもう一人足りない、局地戦だけではゴールが取れませんでした。 レアンドロという卓越した個が居ない為、最後の「キメ」が出来ないという昨年後半と同じ状態ですね。 
 鹿島は、興梠の居ない分カウンタの「手」がマルキ限定で、先行しても追いつかれ好いところ「1-1」かなと思ってました。 西野監督が言っていた「相手のアタッキングサードにいかに侵入する数を増やせるか」に対し、「アタッキングサードに誘い込んで潰す」という「芸」を90分展開しました。 海外に行くと、これが裏目に出て「力づく」で崩されることが多いので、「内弁慶」といわれる所以です。 

 鹿島は、昨年の前半戦は、浦和(A):負、ガンバ(H):分、計勝点1 という結果でしたが、今年は2勝で勝点6 です。 今日は、展開からして引分でいい強豪とのアウェーを勝ったのは大きいです。 ここまでの勝点が12試合で29ですから、奪取率は80%いってます。 他チームは70%いってませんね。 中断中は代表選手も少ないので「充電」は出来るし、「先行逃げ切り」も「追いつき逆転」もパターン化できて戦い方も安定しているし、 他チームがんばってくださいね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/387-1fea8b39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。