上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果の詳細はこちらと  こちらから・・・・ TVリアルタイム観戦
 このスタートメンバー面白そうだね・・・と思ったら、ポンと2点を取って、早々山田まで出てくるサービスぶり
 今夜は、ショートカウンターというか、動く玉田・岡崎に「縦、縦、縦」・・・詰まったらやり直し・・・横から入ってくる本田と、トップ下繋ぎ役中村憲が効いてますね。 チームとしてのスタイルや決め事があるわけでなく、「役割」を決めてあとはピッチで選手任せ、という今の代表。 試合内容は、出した選手で変わってしまうわけで、メンバー構成故の結果なのです。 再現性は?。
 チリは、3トップをワイドに貼らせて、そこへ速く繋いでいこうというパターン。 これは、勘所を押さえれば、プレスが掛かりやすいので、日本のフォアチェック戦法に嵌って功を奏していました。 アジア予選ではこうしてくるチームはなかったので、日本も逆にやりやすいでしょう。 動き役の玉田が山田に替わって、中盤が密集し過ぎ、悪いポゼッションサッカーにならないかが後半の見所。

 コーナーからの阿部のヘッドが決まって、相手もチームとして機能しなくなり、試合も沈滞気味。 このまま終わり?と思ってました。 が、最後4点目が、矢野の頑張り、山田の才能、本田の図々しさという良い所が合わさって決まって・・・まあ楽しい試合でした。

 ポイントを数点
 1)バックラインは、こちらがポゼッションせざるを得ない試合は「内田」を使い。 3トップ対策も含め、ツッパリ合いは「今野」という使い分け? 今日のほうが私は好きです。 ただ、ファーストチェックをくぐられて自エリアへ入られてからの守備のやり方、決め事が無いのでいつも危なっかしい。 これは要改善。
 2)長谷部のドイツ流「縦」と、遠藤のJ流「繋ぎ」のバランスはいいと思う。 遠藤も、前への動きが少なくなった後半は、自ら動いてました。 このコンビはもっと熟成してほしいですが、試合展開で消耗した時の「替え」をどうするかも考えておかないと・・・。
 3)本田は、今日も後半はかなりの時間サボってました。 今の時点では、中村俊を追い越すのは無理でしょうね。
 4)憲剛を今日の位置で使うと、俊輔の役割とダブるが、二人とも岡崎の役を交替でやれれば両立は可能。 意思統一が必要ですが、やらせられるかは監督の力でしょう。
 5)トップはスタート密集時玉田で入って、流れによって矢野を入れるというオプションは使えるし、活用すべきと思う。 「狭さ」故に真逆のタイプの岡崎が生きているのかも・・・。

 本大会も今日のメンバー+おやすみのレギュラーで行くのでしょう。 後は、自陣での守備の決め事くらいしかやることは有りませんね。 「役割分担」X「個の特徴」が原則のサッカーですから、一試合一試合の内容・結果で評価できない。 勝てば、選手を選んだ監督の成果。 負けたら元々チーム戦略や緻密な戦術があるわけではないので、具体的に批判のしようが無い(非難・揶揄・揚げ足取りは可能(笑))という、ある意味「ずるい」チーム作りですね。 
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/390-999e96a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。