上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合の詳細はこちらと    こちらから・・・・
 このチンタラは、そうか!先日はホームで凹ってしまたカタール国民に「お詫び・期待・楽しみ」を与える為か!お人よしだねえ・・・(笑)。 相手をレスペクト(笑)するのは、まるで今期の鹿島。 ただ、鹿島ならロスタイムで相手を絶望に落とす勝ち越しゴールが泥臭く決まるんだが、それも無い。 ハハハ、感想も何もあったもんじゃない。
 監督がいつもの席にいないのはたいした問題ではないが、長谷部・遠藤のDMF二人とも不在というのがどうなるか? 人が変わればチームスタイルが変ってしまう今の代表ですので、興味のあるところ。 まあ、低レベルのリーグで、中身がなんだかんだとこき下ろされ続けながら、優勝を決めてホームに帰ったチームと、負ければ2部陥落というチームの対戦なので、「それなり」に本気の試合になるはずですが・・・如何?
 開始5分の鹿島流ハイパーカウンタで1点とって、『無理をせずに。且つ自分達のサッカー』をしようなどという「勘違い」が出たのか、止まった選手の、足元・足元・・・縦・・・跳ね返される・・・という繰り返し。 もしかしてこれが大木流「クローズ」戦法? ウズベクの時より悪い内容の今夜、というか、長谷部の前への推進力と、遠藤の次の次を予測した捌きがないと、機能しないのを証明。 阿部・橋本のところで停滞してしまう。 これなら、両中村をDMFにすえて、走る選手とポストプレーヤーを前において2,3人のフリーランニングで掻き回し、個人勝負の方が効果的。
 後半もポジションとか替えたようだが、流れは変らず、ウズベク戦の審判が霞むくらい有り得ない形でPKまで取られる始末。 相手はAFC会長の国 ドタバタがらみですか?。 まあそれ以降は控え選手のフィジカルトレーニング状態。 相手が「グウ」もいえないほど叩きのめさなければならないのに甘い。 終了。
 今夜の内容はさておき、ウズベクと今夜で日本の構造的欠陥があからさまになったのだが・・・まとめはオージー戦の後で。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/402-79ca7c6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。