上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 再開の磐田戦で、運動量やアイデアが乏しく、あまり芳しくない出来だった鹿島でした。 かつては丁々発止やりあった磐田が、世代交代したとはいえ、ああ「引きこもり、負けたくない」試合をされると何だか悲しい。 その点浦和を迎え撃った横浜FMは良かった。 あのサッカーは、浦和のパスサッカーより有効な一つのモデルだと想います。 この辺は横浜FMのこれからもみながら後述します。

 さて、ACLラウンド16は「リーグ戦の上位チームのホームで一発勝負」という、珍しいレギュレイション。 FCソウルは最終節でガンバに後半ロスタイムで決勝点をいれ、また、山東がコケテ手に入れたトーナメント進出。 「儲けもん」でも「やってやるぜ」、そして負けて元々の「鹿島アワエー」と「やり易い」のはFCソウルだったと想います。
 それは、鹿島ボールになるや、5-4-1でサイドを潰し、ラインをアタッキングサード手前において、コンパクト・・・、ボールを奪ったらサイド経由早く攻めきってしまい、カウンタだけはくわない。 「鹿島対策」を練ってきたようでした。
 しかし、FCソウルのCB(これは最大の弱点でしょう)のミスから先取点は鹿島。 ただ、偶然性の高いものだったため、これで鹿島がペースを握ったわけではなく、FCソウルも「事故」と開き直ったのか敢えて人数を掛けてこない。 ということでお互いバランス重視で膠着してしまいます。
 サイドでのビルドアップ、崩しが上手くいかなかったと見る向きもあると想いますが、ああ、スペースを潰されてはいつも上手くいくはずが無い。 サイドの混戦は「悪い形でボールを失わない」「失っても取り返しショートカウンタ」の手段です。 それがあって有効なのが小笠原からの中距離の裏へのパスや、本山・野沢のアイデア・技術というわけです。
 そういう点では上手く動き始めたかという時間に、サイドからのクロスを鹿島BKがダブってクリアミス、同点。 さすが、FCソウル、3-4-3気味に前掛になり畳み掛けるように攻めに出てくる。 ニアへ早い正確なボールを入れてスラすCK、ニアへのCF走りこみなど決定機はバー・ポストに2,3回救われる。 ただ、これは後半・延長の鹿島にもあったことで、結果差し引きゼロ。 鹿島も手薄になった裏へのタイミングの良いフィードで盛り返し前半終了。 お互い「様子見」「怖がった」前半。
 
 オリベイラがハーフタイムで気合を入れたようだが、この夜の鹿島は前半どう戦おうとしたのか?・・・これが疑問。 「持たされた」「攻めさせられた」感はあるが、良い時の「先ずボールを動かして」ではなく「先ず相手の隙を見極めて」という「静」を選んでしまったのだろうか。 逆に10人になった後半と延長の方が、意思統一された「動」を感じました。

 後半立ち上がり、鹿島がCKから決め1点先行。 あのFCソウルのザルCKゾーンディフェンスはこの先ヤラレますよ。 要修正です。
 そしてゲームはFCソウルの激しさが増し、少々荒れ気味に。 悪役がアフリカ系の外人2人で、スマートに仕切るのが若い韓国代表、というのも面白いチームです。
 鹿島はいつもなら上手く守って、カウンター狙い。 試合を「殺さなくては」いけないのだが、逆に小笠原が二枚目のイエローで退場。 試合を「生かして」しまった。 あの無駄な二枚目のイエローは、勝敗の点から結果的に「愚行」といわざるをえないと思う。
  さて、FCソウルは「力攻め」に出るかと思いきや、4-4-2のままポゼッションから崩そうという展開。 無理攻めの反動(カウンタ)がやはり怖いのか、サイドは高めに出てくるも、必ずBK3枚+DMFが残るので全く数的優位ができず、鹿島の4-4ブロックの脅威にはならなかった。 これは、何故か試合終了まで続く。 しかし、最も守備の弱い野沢を狙ったドリブルの仕掛けからFKを得て、同点。
 そして、ここから一転鹿島のガンバリが出て、疲労の中でも良質の運動量と両外人の技術・局面のアイデアが生きて鹿島ペース。 これを何故最初から出来ないの・・・と思ってしまう。 延長終了までは、鹿島ファンにとってはタラレバの時間でしたでしょう。 決定機ははるかに鹿島が多かった。 ソウルもPK戦狙いというわけでなく、お互い潔くガチンコ。 結果的には内容に順当な引分でPK戦。 多分鹿島で一番「有名」人の内田が「フカシ」て、終了。

 鹿島が国内仕様でACLで勝てないのは、「基本はポゼッション型・ビルドアップパターンが決まっている・カウンターが一番の脅威・攻守に個のフィジカル的能力があるわけではない」という、相手にとっては守りをパターン化しやすく、「負けない」だけなら「やり易い」点にあると思う。 そういう相手に「ミス」や「力づく」で失点して頑張っても取り戻せないのが負けパターン。

 国内では、相手との相対的能力(頭・技術)と完成度が違う、相手があまり割り切ってこない、ので逆にDFの網に掛けやすく隙を突きやすいのだが・・・。
 来年もACLに出られるよう、残りリーグ戦戦ってください。 こういう個性のチームがリーグにあってもいいと思う。 必死に走って守って繋いで・・・では、面白くない。
 私は「水戸」とJ2を暫くWATCHしたいと想います。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/410-9fe0a4a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。