上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合の詳細はこちらから・・・     TVリアルタイム観戦
 世界の頂点から街の少年団まで、どんなチームにもこういう「至福」の試合がくるから、いつも「次・次」と頑張れるんでしょうね。

 立ち上がりから、連敗で沈滞気味の福岡のミスをついて、縦・裏に速く攻め、10分過ぎに遠藤のキーパーニアを抜くゴールで先制。 勢いは続き、前でボールを奪って、サイドから逆にふっての折り返しやシュートのこぼれから2点追加。 後半開始早々にも、CKの相手蹴り返しを逆サイド外にいた高崎に繋ぎ、そのままトップスピードで持ち上がり、ゴール前へグラウンダーの高速クロス。 ニアで一人つぶれファーで遠藤が合わせ4点目。 その後高崎を下げて前線のターゲットが無くなりポゼッションができなくなるも、福岡のシュートが枠に行かず、PKから遠藤が追加点。 そのまま終了。
 ボールを失ったら切り替えを速くなんてあたりまえで、「お題目」にもなりません。 出来なければ話にならない。 その次どうするかです。 福岡の「遅さ・拙劣さ」もあるとはいえ、今夜の水戸は、ハーフウェーラインを挿んでMF4-FW2が連動してブロックを造り、まず相手BKラインからのパスコースを切り、追い込み、ボールにアタックし・・・から守りを始める。 そのブロックより自陣に入られたら、ラインブレイクしマンマーク気味に厳しく付く。 ボールを奪えたら、先ずトップの高崎にあてる、か、次善はサイドの縦・裏。 なるべく敵陣深くまで攻め込み、捨て攻めでも終わらせる。 この速攻がダメなら遅攻で我慢する。
 今夜は「奪ってまず早攻め」が嵌って「きれいに」決まったということで、ここまで、やりたいことをきちんとできて結果が出ると勢いに乗りそうです。 C大阪や札幌などポゼッション力のあるところには厳しいやり方ですが、リアリズムとして有効ですし、これが出来なければポゼッションもあったもんじゃない、という潔さがいいですね。
 J2部順位表はここから・・・
 今夜の結果で、水戸・東京V・徳島という「自分の型ができて勢いが付いてきた」第2グループが勝って、仙台・甲府が足踏みしたので差が詰まってきました。 2チームを引き摺り下ろすには、鳥栖も入れて集団でよってたかって掛かった方が効果があるし、上位には足の引っ張り合いをしてもらって。
 4連勝で勝点12、片や1勝3敗又は1敗3分で勝点3・・・9点差逆転! 暑い夏は「コレから」・・・ですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/423-a9457a43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。