上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お休みの1部を横目に、水曜日一斉開催。 水戸の試合は又雨で観戦断念。 スカパーで、水戸、仙台-湘南、東京V-甲府 を中心にチャンネルを廻しながら観戦。 前半は結果得点シーンはリアルで視られず。 ハイライトで視るとセレッソ・熊本・湘南のゴールは如何にも日本スタイルという点。 一方後半は偶然東京V以外、復活した水戸の荒田・甲府のエリゼウ・仙台の中原の2ゴールとこれまた個の力の典型のようなゴールをリアルで見れました。
 仙台が残り10分で、ジャーンが退場していた湘南を中原のヘッド2発で逆転。 ロスタイムのロングレンジのシュートは圧巻。 先週の逆転負けから湘南は負のサイクル?
 一方東京Vは一度追いついたものの、90分に甲府のサイドアタックからきれいに決められ敗戦。 これは、最後人数掛けて繋ぎきった甲府の成果かな。 ということで、10分前には勝点が3詰まるかも、というところ逆に開いてしまった。 そういえば、甲府も昇格争いの当事者でしたね(笑)。
 そして、水戸は後半投入の荒田のニアすらせヘッドで勝利。 高崎がいない分、繋ぎの意識が強く出て、無理攻めを控えてました。 オフサイドにはなったが、大和田のバックヒールシュートは、神戸・宮本バイシクル並みに(笑)見事でした。 5試合無失点は相手にもよるが、無駄に点をやらなtったということか。 唯、中盤であれっというミスパスでペースを失うのは相変らず。 次の試合から高崎も戻るので又楽しみではあります。
 殆ど視ませんでしたが、セレッソは1点先制されたものの、まあ逆転するだろうとの予想通り勝利。 このチームは結果はともかく、香川とそのお友達は、別の次元(高い低いではなく)でサッカーしてますね。
 3位仙台から7位鳥栖まで勝ち点差8です。(鳥栖といえばハーフナーが走るチームにピンポイントで嵌って面白いです) 最後、足が動いた方が、高く飛べた方が「勝ち」かもしれませんが、兎に角暑い夏は続きます。

 この2部リーグの面白さを見ると、まだJ1は「仕組み」の改良が必要かもしれませんね。
 チーム数を16に絞って、H&A30試合で、上位8チームの優勝争い「天国ステージ」と下位8チームの降格争い(それも4チーム降格)「地獄ステージ」と分け、H&Aでさらにやるとか・・・。 そうすれば中間もチームも順位が重要になり、「負けられない」(笑)戦いが続きますね。 「自分達のサッカーが出来ているから・・・落ちなきゃいいや」なんて甘えは通じない。 唯、何がしかで「日本一面白いチームはどこか」戦はやって欲しいかも・・・。 そういえば週末はFC東京対広島 ですね。 せいぜい「自分達のサッカー」を見せて楽しませてほしいものです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/431-9a286780
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。