上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合の詳細結果はこちらから・・・・   J2の最新順位はこちらから・・・  台風影響の雨で現地観戦断念・・・TVリアルタイム観戦


 前節C大阪に勝ち、第2グループから抜け出し「5強」といわれているらしい水戸。 『1部昇格』を本気で目指すなら、、シーズン最後11月からの上位との対戦まできちんと勝点をとっていかなければいけない。 岡山は下位にいるとはいえ、この5試合3勝2分と好調。 湘南・甲府が昨日しぶとく勝っており、今日勝たないとC大阪戦の勝利が無に帰しますが・・・如何。

 試合開始から、布陣の関係で中盤が一人多い岡山が、サイドを基点に繋いで攻める。 水戸はいつもの通りボールを奪ったら速く2トップへ。 だが、岡山に読まれていてきちんと跳ね返されてしまう。 そうするうちに岡山に左サイドを崩され、ファーポストへのクロスがピッタリあって先取点。 ここから水戸も前への勢いを強め何回かFK/CKを取り、それまではファーへの高いクロス一辺倒だった処を、ニアへのライナーのクロスに大和田がきれいに合わせ同点。 これで水戸が勢いを増すが、終了間際、クロスのこぼれダマを岡山が決めて先行。 これで前半終了。 これまでの試合では、中盤・サイドはある程度やらせても、真ん中で弾き返すか、相手のミスで失点が少なかった水戸だが、好調な岡山には2点やられてしまった。 この辺は所謂「流れ」か・・・。

 さて、後半・・・。 開始早々、FKから一度クリアされたボールを高崎へフィード。 二人にヘッドで競り勝ち荒田がフリーになったが、バーを直撃。 荒田は前半もバーにぶつけたシュートあり、今夜は彼=水戸の日ではないのか?。 といっても、水戸がサイドから高崎を目標に波状攻撃、隙を突いて岡山がカウンターを狙うという流れが続く。 布陣とか、戦術ではなく、局面のガンバリ・アイデア・能力がまずありき。 更に水戸は、サイドからの良い形で菊岡・遠藤がシュートを撃つが、力が入ってか数本フカす。 岡山のカウンターもしっかり人数を掛けてくるので、一度チャンスになると波状攻撃となる。 右からのクロスから、ポスト直撃、さらにキーパーが2本防ぐという大チャンスあり。
 しかし、同点ゴールは突然生まれる。 中盤から高崎への縦のフィードがカットされるも、岡山の繋ぎのパスを荒田がカットし、上手く裏へ抜けた高崎へパス。 これを落ち着いて決め同点。 さらに高崎へのロビングを競った岡山BKが後ろから高崎を押してPK。 高崎が落ち着いて決め、65分過ぎに逆転。 個人能力の差をがんばりで埋めていった岡山DFだが、この辺から「圧迫」に負け始めファウルも増えてきた。 そしてCBが2枚目のカードで退場。
 水戸もこれで楽になって立て続けに決定的シュートを放つが、岡山のキーパーが好セーブ、試合を終わらせない。 このコリアンのキーパーは落ち着いていて良いですね。 しかしBKのミスからの荒田ドフリーのシュートを又もやキーパーが弾くも、そこからのCKでファーに抜けてきたボールをフリーの高崎が頭で流し込みハットトリック。 荒田の夜ではなかったが、高崎と水戸の夜だったですね。

 守るのではなく「奪って攻めきる」を徹底している両チーム。 最後まで両チームはゴールを狙い、合計40本以上のシュート、見ようによっては「雑」と感じるかもしれませんが、兎に角面白かった。 水戸は後半早々、森村に替え村松を入れたが、少々ミスはあるものの「繋ぎ役」に徹した効果が大きい。 何と言っても、体格だけでなく、スピード・足元の上手さもあり、一番良いのは前線でのポジショニングとボールの貰い方、対敵時の体の使い方・・・そして「点を取る」ことに自信を得た高崎。 荒っぽさはあるも、常にゴールを目指し、ミスしても憎めない、視る人を楽しくさせてくれる荒田。 J2最強で面白い「高崎・荒田の2トップ」・・・もっと視てやってほしいですね。
  11月に新装開店する水戸陸上競技場(K’sデンキスタジアム水戸)での仙台戦まで、勝点を積んで上位に是非食らい付いてください。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/451-76a33d99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。