上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 久しぶりの生観戦・・・ですが、昨夜の鹿島のような「ゲリラ豪雨」が降ることもなく(笑)、水戸の完敗で終了。 90分間タイトに人とボールに食いついて何も起こさせず、CKをニアでスラせてボレー、と、カウンターで点を取った栃木の快勝。 栃木がMFを縦横に「狭く」し、プレスを掛けるというか小競り合い・局地戦で試合を「壊しにきた処に嵌ってしまいました。 無理に2トップにあずけよう、裏を狙おうとするも、クリアの競ったボールを含め、こぼれダマは栃木に拾われる・・・という悪循環。 ビルドアップのトラップミス・パスミス・クロスの質の悪さ・コンビの合わなさもあり、何ら打破できずドンドン流れを悪くしてしまいました。
 栃木は、前回対戦時と違い、2トップにブラジル人・コリアンが入ってチームとして機能UPしていました。 中2日でしたが最後まで密集を崩さず、特にCMF大ベテラン米山と本橋が走りきっちゃいましたね。  
 水戸は、守りはある程度コンパクトでも、攻めの時、まず前線にフィードして「間延び」させ、そのスペースを二次活用が「やり方」ですが、今夜というか最近は、MFとトップの間の、この「間延びしたスペース」を相手に支配されると、行ったりきたりなって相手のペースになってしまいます。 前半はサイドチェンジから良いチャンスが2度ほどありました。 横の揺さぶりをもっと考え、更に繋ぎのプレーの質を上げていかないと、「壁」にぶち当たったままになりそうです。 2トップはタイトに付かれるのですから、高崎は、大外へ一度消えるとか、荒田もゴールへまっしぐらだけでなく、流れて基点になるとか・・・お互い能力と瞬間芸があるゆえ有効なはず。 二人ともそこに居る、のではなくそこへ「動く」ことですよ。 吉原さん・・・FWの動き方をもっと指導してやってくださいね。
 上位3チームは下位にきちんと勝ったようで、3位と勝ち点差8は実質終戦ですが、「今年はよく頑張った」だけでなく、チームとして最後の「進歩」をして欲しいですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/460-ef313255
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。