上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 木枯らし処か猛吹雪状態の茨城Jサッカー界ですね。 何しろ、鹿島と水戸とも5連敗(雨中断の川崎戦入れて)ですから、合計10連敗ですぞ! 鹿島戦の結果はこちらから・・・ 水戸戦の結果はこちらから・・・ J1の最新順位はこちらから・・・  J2の最終順位はこちらから・・・

 鹿島戦は未見ですが、そうあがかず淡々と負けたとすればいけませんな。 ソロソロアガク処を視に久しぶりに鹿島へ行ってみようかと思います。

 水戸は、TVで視ましたが、高崎を外して荒田・吉原の2トップに菊岡・遠藤・森村とテクニック系の選手をそろえ、ターゲットへ放り込みではなく、繋いで崩そうとしていました。 何しろこの数試合は、高崎への放り込み一辺倒、それも相手が4,5人待ち受けているところへ2トップしかおらず、2列目とは間延びでしたのでね・・・いくらなんでも勝てません。 徳島も水戸のやり方が違ってあわてたのか、前半から、バイタルエリアへクサビを入れられたり、コンビで攻め込まれたりしました。
 見た目は「いいサッカーですが、荒田・吉原もこの崩しの過程でポジションチェンジしてしまうので「誰がゴール前で勝負するんだ?」状態。 何度かいいチャンスはあったものの無理な体勢・タイミングのシュートなので決定敵にならない・・という如何にも日本サッカー。 これと、高崎を使ったロングボールやフィニッシャーを「余らす」プレーが加われば、強いサッカーになれると思います。 「放り込み」と「パスでの崩し」に、手法の優位さがあるのではなく、どちらがその局面で良いか・・だと思います。 暫くは辛抱強くパスサッカーの挑戦しつつ、メンバーも両方こなせるのですから、使いこなしに最後までトライを続けて欲しいです。 
 しかし、勝負は、水戸のあっけないミス2発とCKの甘い守備から連続3失点。 吉原のこのコメントをチーム全体で「感じ」ないと、チームとしても個人としても「強く」なれません。 そういう点で、11/8(日)の新スタジアムオープン試合で「恥ずかしい」試合をしたら、もう客は来ませんよ。 この試合は、スポンサーなら違約金払ってもすぐ下りるような後半でした。
 鹿島・水戸とも、「アガイテ」ください・・・期待してます。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/475-e6c7f15c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。