上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 試合から時間がたってしまいましたが、少々気になる点。
 最近はどんな評論家のコメントより中村俊の「戦術」的コメントが面白い。 もちろん、身内への正直な「煽り」も又興ありです。
 その中村俊がトーゴ戦のコメントで言っているように、何か新しいことをやっているようですが、何しろ相手が相手なので・・・評価のしようがないですが。

 日本の場合、攻めのビルドアップ(ぺネトレーションと言うのかな今は・・・)、は「ムービングトライアングル」なのですが、これまでは、サイド・特に中村俊・内田・長谷部の右サイドで局地戦的にトライアングルを造っていたのを、中村俊がより「中へ・回転して」動くことにより、中央所謂バイタルエリア手前まで、なんちゃってゾーンディフェンスの隙間を3人くらいでワンタッチ・ツータッチで前進。 そこで、裏が取れればGO!・・・と見せて外へ一度流し、話題のオートマッチックにニアへアーリークロスという、あまり手を掛けない「手段」を試していたような気がします。 香港戦、トーゴ戦はこれでアッサリ点が取れてしまいましたね。 当り前の「崩し方よね」と言ったらそれまでですが・・・。

 サイド基点・サイド崩しでは、オーストラリアのホーム戦のように、苦労して組み立てても「外へ」押し出され、クロスが跳ね返される・・・サイドからの低いクロスをニアへと言う狙いはあっても、「手を掛けすぎて」「中がそろわない・タイミングが合わない」・・・という「オートマチズムな光景」になっていましたが、これは「オートマチズム」改良版になるのですかね。

 前後分断気味ですが、「このタイミングで必ずここへ走る」ような、オートマチックです。 岡崎なんてこのパターンに最適なんですね。 まだ個の「カワス」など技術力に未練のある玉田・大久保はある意味不向きです。 触るだけでゴールというのは、無意識に拒否してる(笑)。

 ムービングの状態で突っかけられボールを奪われると、ホーム・ウズベク戦のように、アッサリカウンターになるのでリスクは大きいですが、今後これはうまくいくでしょうか?。 まあ、ある程度のパターンがあっての「応用」。 トーゴ戦の長谷部から岡崎ヘッドの、石川の左サイドのえぐりからのマイナスのボールなんて応用ですね。

 日本の場合は、布陣は関係なく「ムービングトライアングル」ですから、「「接近なんたら・・・」と言うより「廻る三角形・車掛りの陣」・・・です(笑)。 あえて言えば変則「433」、最後の最後で、アンカーおいての「4132」のような形でしょうか・・・。 
 予選時の「ワンパターン」或いは「形がなさすぎる」状態からは、以前書いた、アーリークロスと言うあまり面白くないメタファーが出てくるように、典型的な「役割分担サッカー」の「熟成」「摺り合せ」「造りこみ」をしている様子はわかります。
 こういう「土台造り」的設計というか応用はどうも選手任せの感がしないでもないですね。 合宿で緻密に話し合って意思統一しているようにはあまり思えません。 但し、形を作ろうとすると、役割がより「仔細に」なって、嵌る選手が限定されます。 途中で変化をつけるのは何が最適か?・・・しか後は残って居ないのでしょう。

 そう、オランダ戦の「ビルドアップは通用したが、フィニッシュが・・・」という話は、ビルドアップの何処が通用したの? と思っていましたが、このへんなんでしょうかね。 暇な時にオランダ戦からの流れをゆっくり見直してみます。
 本大会まであと半年あまりですから、当り前なチーム造りとはいえ、そして、相手が相手といえ視えてきた点です。 それにしても今後の練習相手は、肝心の「守り」の訓練・試験にはならなそうです。
 武侠ドラマが始まるのでこの辺で・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/479-2340b5f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。