上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ということで、アトさんの記事と drogubaさんの記事に誘われて、少し書いてみます。

 まあ、言ってやらせたご本人も、ああ簡単に「練習のインセンティブを保つ為にやったであろう」「話題づくりにすぎない」『アーリークロス』作戦が決まるとは思っていなかったでしょうし、これまでの憲剛・ジェラードシステムも監督が「苦し紛れ」みたいなコメントを残して「ボヤカシテ」いるけれど、あれは、後輩関塚監督から、「憲剛を高い位置で使いたいんだが、自チームで試すと実害が出るかも・・・代表でやってみてくれ」なんて頼まれて、いいアイデアだ、それにノッタ・・・なんて妄想しています。 余談はさておき。

 今そこにあるものにアイデアを加え、目標に向け仕上げると言う点では、一般的な日本人監督(あえて体育系)という・・・に比べ、典型的理系頭の文系(逆でも支障はない(笑))の監督は「異能」ですね。 「その場のアイデア」というより、岡崎・中村憲など「やる選手に妙なインセンティブを与え戦力に取り込んでしまう」と言う「うまさ」はあります。 彼はサッカー選手以前に政経学部卒の大企業サラリーマンですから・・・(笑)。 ここから先は、日本人論的になるので、それは後で。

 監督はもっと、「次の試合に拘る」ものだと思っています。 監督の継続性は後から付いてくると・・・。 そういう点で岡田さんは「最善」ではないが「やむをえず」の選択でしょう。 それなのに「接近・連続・展開」とか「世界ベスト4」とかいわれると、判ってきていればいいが、眼くらまされてします。 ワールドカップでまず1勝することしか考えていないと思うし、そうあるべきです。 そう言っていいかは「別問題」。
 監督が「アイデア(よりは少し上のレベル、テーマの方が適切か・・・)」を指示することにより、それに嵌る選手がいて生きてくる、選手が応用までしてしまう。 というのは、我が方の「可塑性」があるゆえで、これがある内は、現監督の手法での「改善」はありうるかなと。 多分グローバルトップクラスのチームでは、そんなのはこれまで通り過ぎた「前提」で、更に本質的部分とディティールの双方から、あれやこれややっているのでしょう。
 チームというかある主体としてのサッカーは別です。 『その国のサッカーの最大公約数』の代表がこうですから、今の我が蹴球界はまだそれ以前ですね。 だから本当は誰かが一貫して、腹をくくって全部やらなくてはいけない。 現監督はそのつもりはないのはミエミエ、と言う点で継続性はありえない。
 故に前代表監督は、監督でなく、強化委員長(現場ベースのGM・最高執行責任者)で展開した方が良かったと思っています。 監督がやめたら某千葉のチームも含め全てが霧散してしまう。 それを拾って大事に育てている中国地方のチームもありますが・・・。 閑話休題・・・。

 次に、『チーム戦術・構造の「主体」』ですが、「廻る三角形・車掛りの陣」(笑)。 これは「ぶれていない」と思います。 所謂「ショートパスムービングフットボール」の「役割分担サッカー」で、その役割に「誰をはめるか」は変わっていない。 中村俊と遠藤のチームですよ・・・いきつく所、その脇役が誰かという点は決まってきました。 この辺は少々ぶれはありますし、確かに中村憲が加わったのは新味ですが、役割は前任者と変わっていないし、他の役割と代替が利くと言う点が好いところ。 最近「改善」されてきたのは、遅攻の場合、これまで右サイドで組み立て・崩して展開・連続だったのが、中央から仕掛け・サイドへ展開も基準としようとしていること。 中村俊の機能の幅を増やそうとしていること(遠藤が居てこそですが)・・・などで、応用の範囲と思っています。
 最後はアンカーに今野をおいて右SBに阿部か徳永をおき、遠藤を一段上げた4132で強豪には対すると思っています・・・(笑)、この「1」を挿むかどうかはサイドと前線のオプションを減らし、中央のウエイトを高くするだけで、構造は変わらないと思います。 「本質」は変わると思います、が・・・(笑)。
 以上のディティール部分が「戦術と構造」と言うのでしたら、「変幻自在(裏を返せば場当たり的・その場限り)」「継続・発展は無い」ですね。

 最後に『日本人論的』に言えば、現監督の「摺り合せ」「造りこみ」「熟成」手法、は日本人の最も得意とするところ、というか「これしかない」(笑)ところで、「150万円のHV車」という、あくまで現実的目標が出来れば、それに仕上げるのはお手の物。 ワールドカップベスト4というのは「メタファー」で、まず本大会1勝なのは、自明のこと。 
 ただ、自動車はまだしも家電のように、いわば市場という喩で「戦術・技術」という点でグローバル化し成熟しきっているようなサッカー界、トップクラスでは可塑性がいきついて、「遺伝子の強さ」勝負になっているサッカー界では、もう通用しないとは思っています。 ひとつの「絶望」・・・。
 「パターン」論ですが、『アーリークロス』も「メタファー」の一種で、「パターンに嵌らない選手」が残るはず(べき)だし、そのためには「パターンを一度与える」必要がある。 そして、創りあげる選手側も、もう「日本人は勤勉だけど、言われたことしかできない論」的レベルではないと、注文通りのアーリークロスをぎこちなく上げた後は「好きに」やった内田や、ふわりとしたセンタリングを上げ本田のポスト直撃ヘッドを引きだした中村俊や、縦抜けこそ我が命と切り込んでマイナスのクロスを上げた石川を見て、そう思っています。 その辺が、小さな「希望」ですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/481-d67004d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。