上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 久しぶりに鹿島で現地観戦。 元々圧倒的な戦力や戦術の差というより、チームとしての「摺り合せ」「造り込み」「熟成」の差と、『勝』への意識を持ち続けることが結果を出してきた鹿島です。 このところ勝てない鹿島ですが、前半が「良すぎ」、均せば勝点率5割をどう突破するかが、基本戦力のチームです。
 その鹿島の「アガキ」を期待して行ったのです。 監督としては、試行錯誤の結果か熟考か、さては開き直りか、「アラ30’s」の中盤を組み、才能と経験に賭けたというところか・・・。 これで、運動量は大丈夫かいな? という世人の心配はさておきで、中田をフォアリベロ的にスペースケア・バランサーに置いて、本山・小笠原が前後に動き回る。 野沢が効果的に攻守に絡み、2トップは距離感を大事に、ボールを貰いに前後に動くという、「摺り合せ」、各人の試合への取り組み方が良く見えました。 相当気持ちを入れて試合に入ったようで、小笠原をはじめ、前への意識が強く、「球際で負けんぞ」という気持ちも伝わってきました。 結果が出なければ、中田・小笠原・本山三人勢ぞろいはこれで見納めになるかも・・・という不安もありましたが・・・。
 千葉は、弱者が普通にサッカーしたら勝てませんよね・・・という典型。 先発がFW三人で、これは巻をターゲットに両サイドを走らせてかと思ったのですが、そうでもなく鹿島と同じように「繋いで」の意識。 それでは、基礎技術・戦術眼が『アラ30’s』と格段の差で、開始早々のビックチャンスを逃してからは、動きの中ではほぼノーチャンス。
 というのに、開始早々自陣ゴール正面で、小笠原に「奪ってください」とばかりにボールを出したのでは・・・。 2点目もどうも苦し紛れのサイドチェンジというか、横パスを新井場に渡してしまい、そこからは才能のカウンターで追加点。
 そこからは、鹿島は無理をしない。 とはいっても、いつもは丁寧に慎重にで、全てで速度が低下し停滞し、「後手にウケ」てしまうのですが、今日はミスを恐れず速いボール捌きを第一にし、「前に」の意識は続いているようでした。 千葉は、それをなんとか運動量で試合を支えているので、一見落ち着かないようでも、殆ど付け入るスキがもられません。 後半も同じ展開で、千葉もFKから決定機を迎えるものの、鹿島も同じように流れからもチャンスを造る展開。 そして、後半30分過ぎ、交替で入った田代に、本山から絶妙のワンタッチスルーが出て追加点。 その後はオープンな展開になり、鹿島の楽しい攻めを満喫。 終了。
 試合内容としては、鹿島の「アガキ」を眼にするまでの展開では無かったわけですが 前への意識ゆえ先取点を生んだこと、ワンタッチで繋ぐことによる動きの確保など、意識は伝わってきました。
 
 「アラ30’s」といえば、79年ユース組以上になるわけですが、どうもこの世代とその下では、サッカーの技術・戦術の拙劣以前に、「全体を見る眼・意識」の点で違うような気がします。 中山・名波・藤田・・・、中田英・中村俊そして、小笠原・遠藤・中田・本山・・・・。 自分が出来ることとやるべきことのギリギリのバランス、その上での自己主張・個性が出ていて、名前とプレーぶりが繋がります。 その世代以降は、何か「出来ることをやりきっていない」様な気がするのは、私だけでしょうか。 それが、高校サッカー・お山の大将世代から、ユース育成・皆でうまくなろう・・・への移行によるものか・・・何に起因するのかは判りません。

 ということで、優勝争いは相変らず混戦のJ1部です。 最終戦まで縺れるのは確実でしょう。 一方、来年は千葉県のJ1部チームが無くなるのも確実のようです。

 さて、水戸はこの数試合自分を取り戻そうとアガイて、やっと今節で茨城勢は両チームとも勝利。 両チームで6+10=16試合勝利無しから開放されました。 水戸の新スタジアムも11/8オープンですので、良い11月にして欲しいですね。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/487-d4c61bb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。