上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事からの続きです。 今回は74年WCの、グループリーグvsブルガリア、2次(準決勝)リーグvs東ドイツ戦から、マンツーマンディフェンスに対する攻撃について、みてみます。

 オランダvsブルガリア戦は、予選リーグ最終戦、それまでの星取から「負けなければいい」、ブルガリアは「勝たなくてはならない」試合でした。 vs東ドイツ戦は、東は東でも仇敵ドイツ、それに最終戦ブラジルとの戦いを有利にする為にも勝っておきたいところ。 一方東ドイツは、本当はホーム、此処まで「守り」で善戦してきただけに存在感を示したいところです。

 具体的内容は続きます。
 オランダは、試合開始から引いて慎重にではなく、かなり前でボールを奪いにきます。 早々に、MFに居るクライフからCFになったニースケンスへパス通り、ミドルシュートというチャンスが出来ます。
 図をクリックすると大きくなります。
74oab01
 ①CBレイスベルヘンからセンターラインに移動してきたクライフ(橙丸)にパスが通る。 ニースケンス(緑丸)が、空いているCFの位置に前進する ②前を向いたクライフは、左サイド(黄色枠)を意識しつつ、キープする。 その時、ブルガリアの本来ニースケンスのマーカー(青丸)がクライフに引き寄せられマークを外す。 ③ニースケンスがCFの位置に走り込む。ブルガリアはマークを掴めていない。 ④クライフからスルーがニースケンスに通る ⑤⑥ニースケンスはトラップし、BKの前からミドルシュート
 シュートはキーパー正面でしたが、典型的クライフ/ニースケンスコンビです。

 この後、クライフの左サイドからエリア内へのドリブル切込みをDFが倒してPK、オランダがアッサリ先取点を取ります。

 次は、同じく前半に、自陣右サイドで相手スローインのボールを奪ってからのロングカウンタです。
74oab02
 ①奪ったボールがハネヘム(桃丸)に渡る。 このとき、クライフ(橙丸)は自陣ゴール前にいる。 ②ハネヘムはドリブルで持ち上がる。 このときのクライフの位置は橙丸、ニースケンスが緑丸。 基本布陣とは逆です。 右タッチライン際をレップがマーカーを連れて上がる。 ③ハネヘムはブルガリアDF2人がチェックに来た所で停止し、一旦キープ。 ニースケンスは更に上がっていく。 ④ハネヘムの裏側、ブルガリアDF2人の間を、ゴール前に居たクライフが全速で走りぬけ、ハネヘムはヒールキックでボールを渡す。 ⑤⑥クライフはドリブルで駆け上がり、これにニースケンスのマーカーが寄せてくる。 ニスケンスはフリーで前へ行く。 ⑦クライフがニースケンスにパス ⑧ニースケンスはブルガリアDFをかわしシュート。
 画像にはありませんが、ポストをたたいて外へ。 惜しいチャンスでした。
 この場合、両ウイングが開いて位置しており、元々後ろで待ち構えるブルガリアDFを、更に横に広げ、エリア前に広大なスペースを造っています。 もし、SBが中に絞ればウイングを生かし、ラインが高くなれば、ワンツーなどで裏狙い・・・と、これ以外の選択肢も沢山あります。 ハネヘムとクライフのスイッチで勝負ありでした。

 そして、前半終了間際、またPKを獲得し2点目を上げます。
74oab0
 ①左サイドで縦へのスローインを受けたクライフが2人のブルガリアDFを引き付け ②スイーパーがクライフに行ってしまったスペースに、ヤンセンが全速で走りこみ ③クライフがスルー ④それを受けたヤンセンを ⑤後ろからブルガリアDFが引っ掛け・・・PK 機を見て効果的走り込みをするヤンセンに拍手。

 オランダが2-0とした後半は、前半オランダを悩ませたOMFのボネフに、レイスベルヘンをマンマークであて、CBの位置にイスラエルを入れハネヘムを外してきました。 下図はそのレイスベルヘンがボネフとの競り合いでボールを取ったところから始まります。
74oab04
 ①ボネフ(赤ユニ)の後ろからレイスベルヘン(桃丸)がチャレンジし、ボールを奪う ②レイスベルヘンはクライフ(橙丸)にボールを渡し、ノーマークで左サイドに走りこむ。 このときCFの位置に居たレンセンブリンク(赤丸)がボールをもらうようにクライフに近づく、クライフにDFが集まる。  ③クライフは内側に展開するように見せ、左サイドのレイスベルヘンにパスを送る。 ヤンセン(水色)が左サイドへ移動する ④レイスベルヘンはノーマーク、更にヤンセンがオーバーラップしてくる。 ⑤⑥レイスベルヘンは一度中に侵入し、切り返しヤンセンにパス。 ⑦ヤンセンは右足アウトでファーへクロス ⑧マークが外れていたレンセンブリンクがヘディングシュート。 しかし外れる・・・。 ⑨ブルガリアDFが言い争っています。
 ②③の画面からすると、ブルガリア守備が7人でオランダは6人が攻撃参加。 それでもクライフにひきつけられ、その上、オープンスペースにノーマークで走りこまれて、展開されて、ゴール前でマークを外せば・・・やられますね。

 このように、スペースも与えてくれて、マークも甘いブルガリアですので、後半に2点追加したのですが、さて、もっと「厳しい」守備にはどうだったのでしょう。 次は東ドイツ戦です。
 今日は此処まで・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/492-d7ed5557
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。