上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漂泊のヒーロー―中国武侠小説への道 (あじあブックス) 漂泊のヒーロー―中国武侠小説への道 (あじあブックス)
岡崎 由美 (2002/12)
大修館書店
この商品の詳細を見る

 金庸武侠小説の魅力は何処にあるのか? 上記岡崎先生の本で殆ど語られていますが、私なりに纏めてみました。

1.舞台となる「仮想空間」の素晴らしさ
 1)江湖という「ヨコ」軸、武林という「タテ」軸で、現実社会のメタファー(隠喩)となっている。
 2)この「仮想空間」に、歴史上の史実・伝説・人物を取り込むことにより「時間」を、実在の場所・地名と架空の地を組み合わせ地理的「空間」を創ることにより、二重に想像力が湧き立てられる。

2.「人間」のドラマであること
 1)登場するのは現世的欲求と喜怒哀楽の絶えない「生身の人間」であり、擬人化された動物やロボット、神仙・怪物ではない。
 2)「人間」の在り様を描く手段としての「武術」の面白さ。

3.あらゆる類型の物語が展開可能である「自由さ」

 まあ、小難しく書くとこのようになりますが、大結局「何でもあり」の面白さ!(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/5-5bef26f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。