上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 '69-70チャンピオンズカップ二回戦、フェイエノールト対ACミラン。 この記事からの続きです。 メンバーなどもこちらから・・・・ 

 さて、開始早々から『原初的「前からプレス』で、点を取りにきたフェイエですが、早速決定機を迎えます。

以下続きます・・・・
 まずは、ほぼ得点シーンだけですが、ネットダイジェスト映像を紹介いただきました。 


fey-mil002
 (1)ハネヘム(黄)が (2)裏に抜けようとするシンドバル(橙)にスルーパスを出すが、ミランDFがカット。
 (3)モウリン(緑)が、ミラン選手にチャージし、(4)ボールを奪いかえし、シンドバルにパス。
 (5)ミランは、スイーパーのシュネリンガー(茶)がカバーに入る。 フェイエのFW⑧Wery(ヴェリー)が連動するようにニアへ走る。
 (6)シンドバルはシュネリンガーと他DFを引きつけ、(7)ニアに走りこんだヴェリーに強いパスを送る。
 (8)ヴェリーはDFをブロックし、ダイレクトシュート。 ボールはニアサイドに低く飛ぶが、 (9)キーパーがかろうじて弾く。

 この様に、左サイドの狭い地域に人数を掛け(クローズ)、オープンになった中央から右サイドへ展開、突破・・・は、終始フェイエが狙っていた形でした。 これは、決勝のセルチック戦でも同じ傾向です。 ハネヘム・モウリンという、左利きで、キープ・パス・ドリブル突破の出来る選手がいる故でしょう。
 そして、フェイエの先取点、2試合通じての同点ゴールは、同じような形から生まれました。 上の映像では28秒くらいからです。
fey-mil003
 (1)ダベンボーデと入れ替わって左SBの位置まで戻ったハネヘムが、ミランの縦パスに、ミランFWより先に追いつき、前を向く、 (2)ハネヘムは。⑥Hasil(ヘイゼル・緑)に繋ぐ。
 (3)ヘイゼル(緑)は左サイドに展開するようにドリブルで進むが、 (4)ターンし中央へ向かう。 右サイドには⑦Jansen,(ヤンセン・黄)が右から中央に向かって走りこんでくる。 
 (5)ヘイゼルからの横パスを受けたヤンセンは、(6)詰めてきたミランDFをかわし、
 (7)エリア内へ切り込み、ファーポストを狙って蹴ったボールは、・・・ (8)ふわっと浮き、 (9)ゴールの上隅の内側に当たって、ゴール・・・!
 狙って打ったシュートなら「芸術」ですが、関連記事をみると、ヤンセンのシュートは、どうもセンタリングのつもりだった様です。 兎に角、開始早々6分で、試合は合計1-1のふりだしに戻りました。

 一方ミランはどの様なものだったのでしょう。 フェイエが、「攻め」に出てくることは前提として、リベラ不在の中、FWを3人前線に並べ、スイパーのシュネリンガーなどからのロングボールで、中盤省略、カウンター狙いの様子でした。 これは、フェイエ得点後のシーンです。
fey-mil004
 (1)フェイエ左サイドで、ハネヘム(橙)からDF二人の間を抜くパスが、モウリン(黄)に通る。 (2)モウリンは突破できず一度切り返しキープ。 ミラン③シュネリンガー(茶)が後ろでカバー。
 (3)モウリン(黄)から、内側へ走りこんできたハネヘム?(橙)へのパスは、ミスとなり、ミランDFに渡り、更にシュネリンガー(茶)へ渡る。
 (4)シュネリンガーには、フェイエ選手2人がチャレンジするが、シュネリンガーはキーパーにバックパスをせず、(5)2人の間を切り返してすり抜け、
 (6)持ち出して、ミラン右サイド(画面下)へロングフィード。 この時ミラン同僚は、左を手で指示していますが、右を選びましたね。
 (7)ロングフィードはミラン⑪プラティ?(茶)に渡り、ドリブルで前進。 左前をもう1人のミランFW(桃)が裏抜けの走りをしており、そこへパス。
 (8)やや、パスが手前になり、ミランFW(桃)がトラップしたところに、フェイエのスイーパーイスラエル(水色)がチャージし、ボールを奪う。

  DVDは前半25分くらいで切れて、次が後半開始からなので、前半のその後の詳細は視られませんでしたが、流れとして、フェイエは先取点以降、開始早々ほどは前に行かなくなりました。 ある程度「受け」て、得意のカウンター狙いが第一でしょうか。 ミランは、リベラが居ない、フェイエのチェックが厳しい、などからでしょうか、中盤の組み立てが機能せず、DFからのロングボールや、可能性の薄いクロスのみでした。

 やや受けに入ったフェイエですが、決勝のセルチック戦と違い、DF陣が「機を見て前線に上がる」プレーをしばしば見せています。
 上の無料動画50秒くらいから、自陣前で奪ったボールを、スイパー・③イスラエルが受け、一気に全速でドリブルで上がり、左サイドにパスし、決定的シュートというカウンターシーンが有ります。
 カウンターだけでなく、組み立てでも、前に書いた、「左サイドで密集させ」「中央・右へ展開」する際に、DF陣がタイミング良く上がってきます。 その例です。
fey-mil007
 (1)ハネヘム(橙)から、チップキック的に、左コーナー方向へパスが出される。 (2)そこには、中央からシンドバル(黄)が横移動し、ボールを受ける。 シンドバルの動いた後には、本来右FWのヴェリー(緑)が移動していく。
 (3)シンドバルは、マーカーを背にし、戻り気味のハネヘム(橙)にボールを返す。 (4)ハネヘムは向き直る。 その時右サイド画面下の右SB②ロメイン(水色)が動き出す。
 (5)ハネヘムは、中央のヴェリーに向けクロスを送る。 この時ロメイン(水色)は、ヴェリーの裏へ走りこむ (6)このクロスは、ミランDFがきっちりマークしていた為、大きなチャンスには成らなかった。
 これは、シンドバルが中央ー>左、ヴェリー右->中央、ロメイン右後->右前線 と、移動したスペースへ次の選手が移動していく、ボールはそれと「逆」に廻る、という、面白い展開でした。 もう1人「ダミー」の動きでマークをずらしたり、ロメインのマークをマッチアップのFWがサボってしまえば、決定的でした。

 今度はフェイエDFの「上がり」をマークしなかった為、決定的になったシーンです。
fey-mil005
 (1)フェイエ左SB⑤ダベンボーデ(黄)は流れで中央にいる。隣にはマーク相手のミラン⑦がいる。 ボールはハネヘム(橙)がもっている。
 (2)ハネヘム(橙)とフェイエ選手達は、左(画面上)方向へ展開していく、画面の両軍の人数は5人ずつ同数だが、ミランは最後尾にスイーパー・シュネリンガーが居る。 ダベンボーデ(黄)は様子を見ながら前線に上がる。 ミラン選手はマークしていない。
 (3)ハネヘム(橙)は、ドリブルや小さいパス交換で、左方向へ前進し、ダベンボーデ(黄)には出さない。 シュネリンガーが適度な距離でカバーしている為と思われる。
 (4)ハネヘム(橙)はエリア寸前で向きを替え、ダベンボーデ(黄)にパスを出す。 (5)一度左に引き寄せられたシュネリンガーのカバーはキリギリのタイミングで、絶好のシュートチャンスだったが、
 (6)ダベンボーデ(黄)のシュートはキーパー足元正面に・・・惜しい逸機!

 ということで、このような展開で、勝負の後半に入ります。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/503-7e553300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。