上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合結果の詳細はこちらから・・・ J2最終順位はこちらから・・・

湘南の皆様へ・・・、おめでとう御座います。 もう、サッカーの試合では水戸に来ないよう精進して下さいね。

 前半20分過ぎで水戸2-0になったときは、スタジアムを埋める7割の湘南ファンの方も心配されたでしょう。 流石、修羅場をふんだ「寺川・坂本」が運動量と仕掛けを5割増しにして、何気に落ち着いてしまった水戸から2ゴールを奪い同点。 後半は、立ち上がりの水戸の決定機は決まらず、一方ワンチャンスで、湘南は勝ち越し点をいれ、そのまま終了です。
 仙台に続き、湘南に1部昇格をさしあげてしまった水戸です。 兎に角、「いい」時間と、「悪い」時間がはっきりしすぎています。 90分間の流れを造れる寺川のようなベテランが中盤に入って、この凸凹を少しでも修正できれば、もう一段上のチームに慣れると思います。 高崎の来期はまだよく分かりませんが、もし残れば荒田との2トップはJ2トップクラスの脅威ですし、ここをどう生かすか・・・。 もし、残らなくても、チームとしての「形」をブラッシュアップしていけば・・・。

 仙台・湘南と、1部昇格チームを生で見ました。 TV観戦数試合とあわせて視ると。
 仙台は、「ミニ鹿島」というチームスタイルが完成していますね。 これを変えては崩壊するし、今のままでは総合力で苦しい。 組み立て・繋ぐサッカーだけでは1部では潰されそうです。 まず、前線のピンポイント補強とかで、どう積み上げるかだと思います。 又、DFはエリゼウ、MF・リャンの構成力にかなり依存しているので、彼らが抜けると大変。 試合毎に、対敵戦術を詰めていかないと、結果、自分達のプレーをしているようで、低迷しかねません。
 湘南は、やっていることは、「走って」「体を張って守る」が『基本』でそれ以上の力はありません。 確かにDMF田村・寺川などのガンバリは貢献度大ですが・・・。 何しろ天皇杯に2軍を出して、捨て試合をやってまで掴んだ昇格です。 専守防衛・カウンター型に徹底するとか、スタイルを特化しないと、相当苦しい、と思います。 選手の入れ替え含め、来期開幕までの『監督の戦略』の見せ所ですね。
 K’sデンキスタジアムは、これで、「昇格試合の名所」になりそうです。 来年昇格を狙うチームは、終盤に水戸のアワエー戦を組んではどうでしょうか・・・。 その時は「返り討ち」にするくらい、水戸も精進してください。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/524-e7f84ccf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。