上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事から続きます・・・。
 「74WCオランダ代表が出来るまで」は、色々な著作・データがありますが、俗世間の見方も含め、このサイトがまとまっています(リンク)。
 色々と観てくると、アヤックス/フェイエなど全てのクラブチームは、「連続した変化」が、重要であり、それを辿ることにより見えてきます。 一方、代表チーム、特に「ワールドカップ本大会」は「その時点の特別なチーム」を造りうるもの、或いはなってしまうもの、であり、且つ対戦相手によって違った表象が出来てしまうものと思います。「74WCオランダ代表」もそのようなチームであったと思います。 アヤックスとフェイエノールトという「二つの母体」を上手く組み合わせたこと、及び「在るべき姿」が実現できないこと、によって・・・。

 まず、74年本大会までのオランダ代表は、アヤックス・フェイエの欧州クラブシーンでの大活躍(70年から74年、つまりWCサイクルの間はこのどちらかがチャンピオンズカップ及びUEFAカップに優勝)、に比べると「期待に反した」「平凡な」チームだったようです。 強い個性的なライバルチームから選手だけ選んでも上手くいかない・・・のはよくあることで、KNVBの力が弱いとか、纏められる監督がいなかった、など記事はありますが、その辺の真実はよく分かりません。 74年の出場も、ベルギーの終了間際のゴールがオフサイドで取り消されなければ、本大会のあの姿は無かったわけです。 だから「運気のあるオフサイドトラップに拘った」わけではないでしょうが・・・。

 さて、74年代表チームの最大のポイントは「スイパー・リベロ」役だったと思います。 アヤックスで、ヴァゾヴィッチと永年コンビを組み、ストッパー役が多かったものの、「スイパー・リベロ」役の機能・役割を熟知し、機を見て上がることも多かった「フルスホフ」と、もう1人のCB「マンスフェルト」が怪我で出場出来なかったことです。 これにより、本大会でこの役を務めた「ハーン」が、緊急対策では上手くいった・・・様な記述が多いのですが、どうも、意図的か結果か、アヤックスのやり方に比しては『後ろにいる(始動位置が後ろすぎる)』傾向があるのが気になります。 アヤックスの、セルチック戦のような、あの相手FWのマークを一旦放棄してでも、「全員で相手陣に押込み」と、その結果の「ハーフウェーライン・オフサイド」があまり視られません。 押し上げ・突撃オフサイドトラップ・・・は頻繁にでてきますが・・・。
 特に「スウェーデン戦」「ブルガリア戦」「ブラジル戦(前半)」これらの試合は、アヤックスのそれまでの試合に比べ、全体が「縦に間延びしてスペースが有りすぎる」感がしました。 それが、何故か?意図したものか?、その中でも「ブルガリア戦」は、この記事でも触れましたが、試合の位置づけから開始数分で先取点を取ってから「引き気味」になり「カウンタ」狙いになるのは理解できますが、勝った方がいい「スウェーデン戦」は如何?、負けなければいい「ブラジル戦」は? そして、逆転されるまでの「決勝戦」。 意図してやったのか、上手くいかなかったのか、良く観てみる必要が有りそうです。 もちろん、毎試合が決勝戦のようなWCと、H&Aのトーナメントではやり方に差が出るのは前提です。
 そして、CB2人の選択ですが、準備試合では、まずフェイエノールトのベテラン「イスラエル」をおいて、もう1人を探していたようなのラインアップです。 また、イスラエルがレギュラーから外れたのは、「身内の不幸」で、開幕戦に参加できなかった、からで、大住さんの本のように、「古典的スイーパーでアヤックスのやり方に合わなかった」(P98)からとは、このサイトには記していません。 やろうとするプレーに相性が悪いなら、ミケルス就任以降の準備試合に、大ベテランを敢えて使うでしょうか?。 ハーンは直前のコンバートで大成功・・・のような記事が多いのですが、試合を見る限り、如何にも攻守で不安定に視えました。 特に決勝戦は「悲惨」でした。
 74年オランダの最大の「穴」は、結果評価されているものの、「リベロ・ハーン」だったような気がします。 この本で書かれているのですが、クライフが後々決勝戦の敗因について、「私と最後尾の守備アーリー・ハーン」のコンビネーションが上手くいかなかったのが、試合の流れを左右した・・・」(P126)と言い訳気味に言っているのは、バイアスを避けても、「やりたいこと」が出来ていなかった、のか、「やろうとしなかった」のか、でしょうから気になります。 兎に角アヤックスの一方の軸であった、リベロ・ヴァゾヴィッチの役割と仕事ぶりが再現できなかった74年代表は、71年のアヤックスを「再現できなかった」か「違ったやり方をとった」かどちらかでしょう。
 推論として 1)毎試合が決勝戦として「負けない・失点しない」仕組みで戦った 2)リベロが「付け焼刃」なのを前提に、そのリスク対策を、方や堅実な方法で「マンマークと前プレスの徹底」、方や示威行為も含めハッタリ的「押し上げ・オフサイドトラップ」と考えています。
 この詳細を意識して、スウェーデン戦・ブラジル戦・決勝西ドイツ戦を辿ってみたいと思いますが、それは改めて・・・。

 中盤は、3人の攻守両面で機能する選手、74年レギュラーは、ヤンセン:"holding" midfielder、ハネヘム: "passer"、ニースケンス:"box to box"と、大まかな役割がありました。 もちろん、それだけをやっていたわけで無いのは、試合の映像をみた通りです。 アヤックスにはない、中盤の「タメ」や2,30mのピンポイントパスをくりだし、又ディフェンスも上手いハネヘム。 運動量、守備力、クライフとのポジションチェンジ、コンビネーションの妙を魅せたニースケンスは名声どおりの活躍でした。 そして、あるときは、カバーリング、マンマーカー、集団プレスの仕掛け、ゴール前やサイドスペースへの飛び出し、など、あらゆる仕事を、やって欲しい時にやったヤンセンと、やはりこのチームの「屋台骨」はこの3人だったと思います。

 FWは、攻守にアヤックス流の「教育」を受けたレップは良いとして、早い時期、準備試合段階で、カイザーをレギュラーから外したのは、なぜだったか? これもスウェーデン戦あたりをみて、レンセンブリンクとの比較をしてみないと、単にカイザーの老化のみでは片付けられないと思います。 もちろんクライフとの人間関係など、今では伝説になった部分はさておき・・・。

 ということで、74年代表に至るアヤックス・とフェイエノールトの試合ぶりは一旦終了します。
 ここで、一度オランダから離れ、決勝戦の相手「西ドイツ」の、ここに至る試合ぶり、特にあのネッツアーとベッケンバウアーがともにプレーし、72年ヨーロッパ選手権や、ボルシア・メンヘングラッドバッハ、バイエルンミュンヘンを中心に、わき道(こっちが本流ですが・・・)を辿ってみます。 何しろ、もう一度あの時代が視たいと思ったのは、伝説且つ幻の「ボルシアメンヘングラッドバッハ7-1インテルミラノ」の短い映像をみたのがきっかけですから。

 ここから先は記事にするのは、年明けになるかもしれませんが・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/537-3efb2dfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。