上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 天皇杯ガンバ大阪2連覇で、日本の09年度は終了です。 試合の詳細はこちらから・・・
 ガンバのメンバーは、昨年のACL・天皇杯とほぼ同じ、特にFWに「個の力」型でない、ルーカス・山崎がいることで、所謂摺り合せ・造り込み・成熟で、勝ちきったと云えるでしょう。 鹿島に1-5で負けた試合は、P・ジュニオールのところが諸刃の剣で、前半は前後分断。 後半、1トップで放置したものの、小笠原のここぞのボール奪取からの先取点と、上手くゲームが出来ないルーカスの苛立ちからの退場を生んで、結果惨敗でした。 今日は、昨年の最終型になったことで、所謂ガンバ流が出来ました。 まあ、これが日本型でもあると思いますが・・・。
 一方、名古屋は、陣形・役割分担明確の「ISO仕様書」サッカーでした。 数回決定機が出来た、ウイングがワイドに張って、MFがトライアングルに浅い相手CBとSBの隙間を突く、というのを徹底できれば、更に外からの崩しも出来たと思います。 これは、準決勝の鹿島も工夫が足りなかったですね。
 これで、「摺り合せ・造り込み・成熟」型の一方の雄、広島もACLに出ることになりました。 森崎兄弟が戻ってきて、ストヤノフが揃った広島が、アジアの粗っぽさとどう対峙するか楽しみです。 浦和に移った柏木にとっては、ACLの方が、いい経験に成るだろうと思いますが・・・。

 多分遠藤には最大限の賛辞が送られるでしょうが、今日はやっぱり明神でしょう。 小笠原を代表で使わないのは、役割的に遠藤とダブるので、トレードオフでしょうが、明神は必至と思います。
 今日の試合は、勝った方が1次リーグ突破となるWC第三戦対デンマークを、チラッと想定しながら見ていました。(デンマーク自体は1回しか見ていませんが)。 点が取れるとしたら、ガンバの1点目の様な、3人目の動き&ワンタッチプレーだろうし、やられるとしたら名古屋の同点ゴール型・・・。 勝てるとしたら、今日のように、最後まで前から行って且つMFとDFの間に決定的な穴を空けず、ポゼッション時には速い玉回しで且つ中盤でミスをせず、走り負けず、最後でやるべき人が技術で点を入れる・・・、という展開にもちこめますかどうか・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/545-8f21b827
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。